三宮にて。広東人と広東料理。


昨日はビザの切替の打合せをしに夕方から三宮へ。で、機内誌だったかクレジットカード会社から送られてくる雑誌だったかに掲載されていた中華料理屋さんが元町にあることを僕は知っていて、みんなでそこに行ってみようということになり、行ってまいりました。写真に写る女性が広東から来日しています。

お店の名前は「良友酒家」。壁には有名人のサインがいっぱい。

IMG_7196.jpg

回るテーブル。グルグル回したくなるよね。笑


さてさて。

お店のお母さんはとても気さくで、まずはおススメしてくれた醤油鶏から。

IMG_7194.jpg


春巻き。

IMG_7198.jpg


ミル貝のなんだったかな?

IMG_7195.jpg


牛シチュー焼きそば

IMG_7200.jpg


みんなお腹がペコペコで、このほかにもチャーハンとか水餃子とか、なんかいろいろ頼んでしまったわけです。どの料理も広州で食べるよりも日本人に合う味付けになっていて美味しいんです。

でね。新しい料理が運ばれてくるたびに広東人の彼女が言うわけです。「広州で食べたほうが美味しい」って。お店の人を気にする僕たちは、頼むから黙って食べてくれってお願いしたりして・・・(笑)その話を聞いていたお店のお母さんがボソッと「日本人の口には合うと思うけどね」って呟いてきたり。( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

まあでもよくよく考えてみたら、僕たちも中国に行ってそのへんの鮨屋さんに入ったら、言ってしまいますね。日本の鮨屋のほうが美味しいって。








味付けの話。あなたは足す?それとも引く?


「あなたは足す派?それとも引く派?」

いろいろなことに共通しますが、この「足す」か「引く」かという判断はけっこう難しいものがあります。足してよくなることもあれば、引いたほうが良かったなんてこともあったり。ただ判断をする時点では誰も正解を知りませんから、えいやっとやってみるしかないのです。

さて、それで今日はどんな話なのかというと、手羽先の燻製についてです。たいそうな書き出しの割には非常に小さな部位についてです( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

その手羽先というのがこちら。


02031216_4d4a1e0ee6d1d.jpgのサムネイル画像

普段はごま油が香るピリ辛の手羽先として販売している商品です。夏場でしたら身をほぐしてサラダに入れたり、カレーの具にもよく合います。冬場ですとお鍋。いい出汁が出てね、美味しいんです。見たまんまですが、お酒のあてにもぴったり。袋から取り出してそのまま食べましょう(笑)

そんなこちらの手羽先。商品名は「くんてば」と名付けて販売をしているのですが、今回、ひょんなことから味付けを引いてみた商品を作ってみました。どんな内容かと言いますと、

「ごま油も香らない」「たいして辛くもない」和風しょうゆ味のくんてば

ところがこの味を引いた「くんてば」が正解なのかどうかが誰もわからない。だったらお客様に食べて判断をしてもらいましょうということで20パック限定で、しかもお試し価格で販売をすることになりました。


いつもの香りと辛さを知っている私たちからすると、物足りないのか?と思ってしまったりするわけですが、知らない人からすると案外こっちのほうがシンプルな味付けでいい!!なんてことはよくありますよね。なので、もしよければ試していただけないでしょうか?











今日は僕がぜひあなたに食べて欲しいなと思っている食材をひとつご紹介します。それはウニです。ああ、なんだ、ウニか。それなら何回も食べたことあるよと思われるかもしれませんが、たぶんそんなに食べたことがない状態のウニのご紹介です。

毎年5月の初旬から北海道の松前町ではウニ漁がはじまります。ウニは人によって好き嫌いがはっきりと表れる食材ですが、僕は大好き。その証拠に昨日もたっぷりと堪能してきました。

IMG_6559.JPGのサムネイル画像

塩水にもつけない。ミョウバンも不使用。

さて、このウニ。どこがそんなに違うのかというと?それは、このウニは水揚げしたものを、むいただけの状態で食べられるということ。(地元の人たちや漁師さんなら普通に食べられると思います。が、それでも漁師さんやその関係者じゃないと手に入れるのはちょっと難しいかも。)

ウニの粒って時間が経過すると溶けて形がなくなってしまいます。ドロドロになるというか。それを防ぐために一般的にはミョウバンを使用します。だからスーパーなどで並んでいるウニの粒は型崩れしないんですね。要するに見た目が良くなるわけです。そのかわり味は苦くなったり、香りは薬臭くなったりします。

さらにウニって、実はウニの卵なんですけど、ウニの殻から取り出すとあっというまに消費期限がやってきてしまいます。少しでも長く保存しようと思うと、塩水に粒をつけて冷蔵保存したりする必要があります。それでも1週間の保存がギリギリぐらい。塩水につけると、ウニが少しだけ水っぽくなってしまいます。

ウニを流通させようとすると、消費期限の問題や見た目の問題がありどうしても本来の味を犠牲にしないと、全国各地にお届けできないという事情があるのです。


消費期限は届いた日。

僕がこの夏にぜひ食べて欲しいと思っているウニは、消費期限を少しでも延ばすということは全く無視します。ミョウバンも塩水も使用しませんが、その代わり到着日には必ず受け取りが可能で、しかもその日のうちに食べてもらうという条件がつきます。(個人的には冷蔵保存をきちんとすれば、届いた翌日か翌々日ぐらいまでは大丈夫だと思って楽しんでます)

その代わりと言ってはなんですが、ウニの粒から余分な水分が抜けて本当に甘くて香りのよいウニを堪能していただくことができます。ねっとりと凝縮された感がたまりません。「あ~、ウニってこんなにも濃厚でおいしかったんだ」と言ってもらえる自信があります。数は少ないですが、僕が直接お届けしている人たちは必ずリピートします(笑)


本当のウニ好きにお届けしたい。

ぶっちゃけて言うと誰にでもおススメしたいって商品ではありません。海の状態によって漁がある日にしか作れませんし、それも毎日作っているわけでもない商品です。送料がどうの、価格がどうの、過剰な包装が好き、注文したんだから早く発送しろって人には、まずおススメしません。

本当にウニが好きな人は基本的には「ウニのむき身」しか頼まないねと言われるこのウニ。本当にウニが好きな人に、この夏ぜひぜひ食べて欲しい逸品として今日は紹介してみました。タイミングが合えば食べてみてください。

IMG_8334.JPG






今日は七夕。
早速ですが、あなたは「天の川」の川幅について考えてみたことはありますか?

tanabata.png

昔々、天の川のそばには天の神様が住んでいました。天の神様には、一人の娘がいました。名前を織姫と言いました。織姫は機を織って、神様たちの着物を作る仕事をしていました。織姫がやがて年頃になり、天の神様は娘に、御婿さんを邀えてやろうと思いました。色々探して見つけたのが、天の川の岸で天の牛を飼っている、彦星という若者です。彦星は、とても立派な若者でした。織姫も、かがやくばかりに美しい娘です。二人は相手を一目見ただけで、好きになりました。二人は結婚して、楽しい生活を送るようになりました。でも、仲が良過ぎるのも困りもので、二人は仕事を忘れて、遊んでばかりいるようになったのです。すると、天の神様のもとへ、皆が文句を言いに来るようになりました。「織姫が機織りをしないので、皆の着物が古くてボロボロです。早く新しい着物を作って下さい」「彦星が世話をしないので、牛たちが病気になってしまいます」神様は、すっかり怒ってしまい「二人は天の川の、東と西に別れて暮らすがよい」と、言って、織姫と彦星を、別れ別れにしたのです。でも天の神様は、織姫があまりにも悲しそうにしているのを見て、こう言いました。「一年に一度だけ、七月七日の夜だけ、彦星と会ってもよろしい」 それから、一年に一度会える日だけを楽しみにして、織姫は毎日、一生懸命に機を織りました。天の川の向こうの彦星も、天の牛を飼う仕事に精を出しました。そして、待ちに待った七月七日の夜、織姫は天の川を渡って、彦星の所へ会いに行きます。 
wikipediaより

天の神様から「天の川の東と西に別れて暮らすがよい」ということで、強制的に別居を始めさせられてしまい、1年に1度の夜だけ会うことができるという話。

僕はこの話を読んで、ある疑問が浮かびました。一年に一度、しかも夜だけ会える距離感で、かつ織姫があまりにも悲しそうにするということを考えた場合、天の川ってどれぐらいの川幅だったんだろう?と。

人によって「会えた」と思う距離感は違うと思いますが、僕に置き換えて考えた場合、会えないということは彦星のことが視認できない、そして声も届かない距離であったのだろうと推測されます。視認できると言っても、遠いところに「点」みたいに見えていても意味がありませんからね。


じゃあ視認できる距離って、いったいどれぐらい?


ということで視力検査のランドルト環で考えてみましょう。

Landolt_ring_0.png

ランドルト環は黒色の円環で、円環全体の直径:円弧の幅:輪の開いている幅=5:1:1のサイズである。 視力は分単位で表した視角の逆数で表す。 例えば、5mの距離から約1.45mmの切れ目を判別できると視力1.0となる。
wikipediaより

彦星の身長が170センチぐらいでしょうか。織姫の視力を1.0と仮定。式としては 5:1.45=X:1700 となります。で、ざくっと計算しますと天の川は約5860mぐらいあったのかな?と推測でき、その対岸に彦星が立っていれば「点」ぐらいには見えるということですね。

ちなみに織姫は機織を毎日やっているとのことなので、視力が1.0もない。私は視力0.5ぐらいしかないわよっ!となれば川幅は先ほど導き出した幅の半分の2930mとなります。

実際の川だと、日本一の川幅を誇るのが埼玉県に流れる荒川だということで、それが2537mというこですから、天の川が日本に流れていれば川幅日本一ということになります。

視力から導きだされた天の川の川幅が今のところ推定2930m~5860mです。


お互いが会いに行く時間を考えてみましょう。


昔話ですから、当然のことながら昔のお話です。なので川を渡る手段としては手漕ぎボートが現実的な方法だと思うのです。船の進む速度はノットで表され、時速1852mと同義です。1ノットだと1秒間に約51㎝進みます。

織姫から会いに行くと考えた場合、手漕ぎの船に乗せてもらうことになるでしょうから、その漕ぎ手のおじさんはせめて3ノットぐらいは出せると仮定します。3ノットは時速5556mですから、先ほど織姫の視力が1.0だった場合に導き出された川幅5860mだと約1時間で対岸に到着できます。

また織姫の視力が0.5だった場合の川幅2930mだと約30分で渡ることができます。


結論。「天の川」の川幅は約5860m。


個人的には30分って近すぎやろ!と思ってしまうので、結論としては物語の中に登場する「天の川」の川幅は5860mが妥当だとして今日の更新を終わりたいと思います。

あ、七夕ってそうめんを食べたりするんですか?こちらでは魚そうめんも絶賛販売中です。

IMG_5051.JPG








夜2時間の仕事を朝の30分で片づけませんか?


ここ数日というか、ここ数週間、「時間の使い方」が自分のテーマになっています。

今年で社会人といわれるようになってから16年が経過しようとしていますが、振り返ってみて思うのは、僕はとにかく時間の使い方が下手だということ。おいおい今ごろ気づいたのか?と思われるかもしれませんが、今ごろ気づいてしまったから仕方がない(涙)

毎日、どうにも生産的な活動ができていないなと感じつつ、何が原因かが全くわからないという日々を過ごしていました。で、昨日たまたま読んだ本がこちら。「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術」(以下、本書とします。文中で囲いがある部分は本書からの引用です)

kamijikan.jpg



本書とは関係ありませんが、あの有名な大前研一さんも、人間が変わる方法は3つしかないとおっしゃっておりますね。。。




ついつい決意を新たにしてしまいがちですが、無意味だとバッサリ(涙)


さて、本書に書かれている内容を端的に表現されているのがまさにこの一文だと思うのですが、

脳科学的に最高のパフォーマンスを発揮できる時間帯に、それに合った仕事をすることで、仕事の効率を2倍以上に高めることが可能なのです。

自分が仕事をするようになってからというもの、働く時間はある程度決まっているという思い込みのまま過ごしていました。またやることが多いのであれば長時間労働をすれば良いじゃないか程度にしか仕事をする時間については考えたことがありませんでした。

人間の脳というのは、起きてから2、3時間は、脳が整理された状態にあるため、脳のパフォーマンスが1日で最も高いのです。その時間帯は、「脳のゴールデンタイム」と呼ばれ、論理的な作業、文章執筆、語学の学習など、高い集中力を要する仕事に向いています。

ところがどうですか。朝起きてからの2、3時間が良いと書かれているではありませんか。どんなに夜遅くまで仕事の時間を延ばしてみたところで、知的生産のパフォーマンスは下がることはあっても上がることはないのです。だったら夜は知的生産をするためにウンウン唸る。そして結局何も生み出せない・・・なんてムダなことはせず、早く帰って翌朝に備えたほうが良いわけです。

今まで何百時間とウンウン唸っていましたが、そしてたいして何も生産していませんでしたが・・・あの時間はいったい何だったんだろう。

そんな事実を知ってしまったので、今日は決意を新たに、夜のダラダラ仕事をする習慣をやめて朝からブログを書いてみたというわけです。

はかどり方が全然違う。自分でやってみた感じ、朝の知的生産がどうも良さそうです。これホント。








1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11