ほのぼのブログ

ウニがいっぱいが獲れる地域ではこういう食べ方しちゃうっていう例

一般的に高級食材と呼ばれている食べ物も産地の人からすると、昔から大量にある食材のひとつ。むしろ産地だったことで子どもの頃に大量に食べさせられ、どっちかって言うとその食材がキライだ!という人もいたりします。今日はキタムラサキウニがいっぱい獲れる地域の飲食店のメニューのこと。

写真みてもらえました?ウニをこんなことして食べたらアカンっていう代表的なやつ(笑)これは蕎麦ですけど、こういう料理がけっこうあるんですよ。普通に汁物になって出てくるパターン。なんでウニに熱入れちゃったの?みたいな。それやったら山菜そばと一緒に小皿で生ウニとして出してくれーって思うでしょ?あったかい蕎麦の中に入れたらあかんやんって。ちなみにこのお蕎麦は900円。あ、念のためですが、もちろんオーダーすれば新鮮な生ウニも食べられるので誤解のないように。

いろいろな食材の産地に行っていると、自分たちが想像していた食べ方とは一味も二味も違う食べ方が普通にあるんですよ。その食べ方にボクがビックリしていると、え?こうやって食べないの?って普通に聞き返されるぐらいその地域では普通というか。そしてそんな食べ方を知るたびにもったいなー!!って思う自分がいたりして。

そんな経験から高級食材と呼ばれるものが豊富に獲れる地域は、こんな食べ方しちゃうんや・・・っていうメニューを探したり、食べたりして、信じられへーん!もったいなー!って思いながら巡るのも楽しいですよってことが今日のお伝えしたい内容でした。

関連記事

  1. インターネットを活用して世界中のどこでも効率よく仕事ができる環境…
  2. 偶然にも花火大会に遭遇。
  3. 洞爺湖で雲海を見ながら飲むコーヒーは格別。
  4. 久しぶりの活イカ刺し。
  5. 広州の珠江で珠江啤酒を楽しむ。
  6. イカ刺しの美味しい食べ方
  7. 新年あけましておめでとうございます。
  8. 【ひとり飯】夜マックのビッグマックにはご用心!お肉4枚のタワーバ…

ピックアップ記事

PAGE TOP