ほのぼのブログ

中国では必須。配車アプリDIDI。

海外でタクシーに乗る機会がどんどん減っています。それほどまでに配車アプリが便利。ボクが行く中国やタイはタクシーの乗車拒否は当たり前。渋滞しているからとか、乗車距離が短いからという理由でタクシーに乗れなことが普通。しかもタクシーに乗れたとしてもメーター料金ではなく、ドライバーと料金の交渉が必要だったりと、面倒なことが多いわけです。行く先を伝えるにも言葉が通じなかったりね。と言いつつタクシーに乗ることもあるんだよ。

ところが配車アプリを使うことで、こういった不便が全て解決する。しかも乗車する前にある程度の料金までわかる。さらには車のグレードも選べるし、ドライバーの評価もわかってしまう。行き先はアプリで共有されているので伝える必要もなく、わざわざ不便でイヤな思いをするためにタクシーに乗る必要がないのです。

中国ではDIDI。タイだとgrabなのかな?前はUberもあったけど今はどうなんだろう?海外でこういった便利なサービスを味わってしまうと、地元に戻った時にタクシーという選択肢しかないことが不便だなと思ってしまうよね。そんなわけで早く便利になって欲しいな〜。

関連記事

  1. 松前で家庭料理を味わってます。
  2. 柑橘のある生活。
  3. ステーキとハンバーグを選べって言われたら、僕はハンバーグって答え…
  4. 一度中断してしまうと元の集中を取り戻すためには、中断した以上の時…
  5. 何もしない一日。
  6. 国府の浜で遊んできました。
  7. 空飛ぶ広報室。
  8. 地元のお祭り。

ピックアップ記事

PAGE TOP