ほのぼのブログ

柑橘のある生活。

今、自宅には三種類の柑橘がある。どの品種も皮が固くて剥きにくいからか、うちの子どもたちが自ら進んで食べることはない。そして外側の皮をむいてあげても、中の袋がまた分厚い。果肉を包む袋まで剥いてあげるとなると手間なので、ボクが子どもたちに食べさせてあげるのは気が向いたときだけ。

写真左が春峰、奥に写るレモン色の柑橘がはるか、そして手前が不知火。どれも個性の強い柑橘なので、その日の気分で食べたい品種を選んでゆっくり食べてます。

春峰とはるかは、かなり減ってきたので同じ箱にしました。

不知火はまだまだ残ってる。こうやってあらためて箱の中を撮影して見てみると、どうも皮が剥きやすい品種から減っていることに気づく。新たな発見だ(笑)

関連記事

  1. 大和茶の新茶の収穫がいよいよスタートします。
  2. 子どもたちと少し早めの花火
  3. これが天然はちみつの力??
  4. こんなザンギの食べ方知らなかった。
  5. 2014年の松前マグロまつりは9月13日、14日。
  6. 父の日とゴルフと私。
  7. 今まで飲んでいた紅茶はいったい何だったの??
  8. 大和古樹と言う名の樹齢190年を超える茶樹からできるお茶

ピックアップ記事

PAGE TOP