社長ブログ

美味しい毛ガニの選び方。

ここのところ毛ガニのことばかりを書いています。だって今が本当に毛ガニが美味しいシーズン。今食べないでいつ食べるの?ってことで本日は超簡単な美味しい毛ガニの選び方について。

北海道に来ると、ありとあらゆるところで毛ガニが売られています。そんな中、どうやったら美味しい毛ガニを手に入れることができるのか?がボクたち食べる側にとっては重要ですよね。まずは堅蟹と若蟹で見分けましょう。もし親切に堅蟹と表示されているのであれば、迷わずそれを選んでください。堅蟹の特徴は下の写真がわかりやすいかと思いますが、一番手前の毛ガニの甲羅に何か白いものがついていますよね。こういうものが付着しているのが堅蟹の特徴です。

次にサイズです。サイズはですね〜、まあなんていうかですね、皆さん大きいほうがボリュームもあっていいと思っていますよね。大きい方がお値段も高いですし。ところが大きいサイズはじつはオススメできません。大きいサイズはカニ味噌があまり入っていない可能性があるのです。おすすめなのはズバリ400g前後。身も蟹味噌もぎっしりの可能性が非常に高いです。100%か?と言われたら、それは自然のものですから絶対とは言えませんが。

こういう感じで食べたいですよね(笑)

毛ガニはですね、じつは50g、100gと大きくなるにつれて価格が急激に高くなっていきます。なぜ高くなるのか?はっきりした理由はわかりませんが、例えば400g前後の毛ガニと800g前後の毛ガニだと単純に考えれば価格は2倍ぐらいかなと思いますよね?ところがそうはならなくて、倍以上の価格になるわけです。であれば少しこぶりな400g前後の毛ガニを2杯頼んだほうがお得ですし、毛ガニの醍醐味であるカニ味噌も2倍楽しめてしまうわけですね。参考にしてみてください。

400g前後の毛ガニはここでも買えますよ〜。買って買って〜(笑)

関連記事

  1. 新年度が始まりました~。パチパチ。
  2. 不惑の40歳。岡という男の話。
  3. 朝に食べるフルーツ。
  4. おいしいは嬉しい。
  5. 毛ガニは一人で味わうのもいいけど、みんなで食べるのも楽しい。
  6. 決断とは?
  7. 言われたこと、決められたことを正確にこなすことができる。これは仕…
  8. 春うらら。魚そうめん。「春の」

ピックアップ記事

PAGE TOP