2012年8月アーカイブ

身体で覚える勉強法。

よく「身体で覚える」という言葉を聞きます。


読んで字のごとく、身体に記憶をさせていくわけですが、
身体で覚えた~という実感が湧くまでにそこそこ日数がかかります。


じつは昨日から本格的に身体で覚える作業を開始しています。
どんな作業かというと良い文章の模写ですね。

パソコンがあるにもかかわらず、手で書き写す


ところがご存知のとおり、
この手で書き写すというのは、非常に苦痛が伴う作業なのです。



ですが、この苦痛も峠を越えると苦痛ではなくなり、
日常生活の一部となってきます。

そこまでになるとすでに身体が覚えだしているわけです。



約10年ほど前の話になりますが、
宅地建物取引主任者の資格を取得しました。


この時の勉強法がまさにこの身体で覚えるという方法。


参考書などまったく使わず問題集ばかり解いていく。
答えがわからなくても、ひたすら解いて進んでいく。


この作業を同じ参考書で3回~5回繰り返しやるのです。
もちろん回数は多ければ多いほど良いのです。


これを続けるとどうなるか。
最初は答えすらわからなかった問題、
問題の意味すらわからなかった問題が、

まず答えを覚え出します。


それはそうですよね。
何回も同じ問題を解くわけですから、意味がわかってなくても答えは覚えるのです。


百人一首と同じです。
問題を読んだ瞬間に答えがわかる。

いや、ページを見た瞬間に答えがわかってしまう。
それぐらい身体が覚えてしまいます。


それをさらに続けます。
そうすると今度は問題の意味を理解しようと思えてくるのです。


もうページをめくる前に答えがわかるぐらいになっていますから、
問題の意味でも理解しないと飽きてやってられなくなってくるんです(笑)



この段階までは、参考書を使うことはほとんどありません。
ただひたすら問題を解くのみなのです。


これを毎日4時間。
2カ月半~3カ月やれば宅建は合格できます。



でも、この方法。
多くの人が続きません。

意味もわからず問題だけ解いていくことが理解できないのです。
しかも1回目なんてほとんど間違いの回答しかできません。

だから、こんな勉強法、やっても無駄だ。


こうなります。



私はこの方法で過去に2回(宅建も含めて)
大事な試験や仕事で結果を出したことがあります。

だからその効果を体感覚でわかっているわけです。



で、現在の話に戻すと、
今私は手書きで優れた文章を写しています。


今のところ、何を書いているのかさっぱりわかりません。
文章の構成なんて理解できていないのです。


でも、あと1カ月もすれば、
身体が勝手にコツを掴みだすだろうというのがわかるのです。


いや、厳密には今の時点では本当にコツが掴めるかはわかりませんが、
過去の経験上、この方法なら身体が覚え出すことが容易に想像できるのです。


そして、結果を出している人たちが口を揃えて、
とにかく手で書き写すことがベストだと言っています。


これはもう、やらない手はありません。



結論として何が言いたいかというと、
頭で覚えるよりも身体で覚えるほうが記憶にも長く定着するし、
何よりも小難しいことを考えずにできるので遠回りのようで近道ですよ。

ということです。



またこれから数時間、修行タイムです。
わかっていても手書きっていうのは拷問のようです(笑)



もしよければこの方法、使ってみてください。
あなたの本気度合いにもよりますが、宅建の合格ぐらいならまず確実です(笑)













evernoteがこんなにも便利だったとは!!

これまでエバーノートが便利だという話は何度か聞いていたのですが、
自分としては特に便利だと思う機能がないと思っていました。


今日は日曜日。
時間があったのでいろんなWEBサイトを見て勉強しており、
ネットサーフィンで気になったサイトのスクラップブックみたいなものが作れたら良いのになぁ~


なんて思っていました。


良いWEBサイトたちを集めて整理しておくと何かと役に立ちます。


多くの人がURLをブックマークするのですが、
それだとページが削除された時点で終わりです。

二度と見ることができなくなる。


それでは困りますよね。
参考のためにはずっと保存しておきたい。


だからこれまでは画面キャプチャで、
ページまるごと画像にして保存していたのです。


ところが画面をキャプチャーソフトで保存すると、
1枚の画像になるため後で見返すときに画面がスクロールしてくれず
不便だなと思っていました。

画像なのでマウスのホイールを回すと拡大・縮小になるのです。




で、それは不便なので、なんとなくググってみた・・・


おやおや??
evernote web クリッパーなるものを発見。


どうもWEBサイトを記憶しておけるらしいのです。


どうせevernoteも画面キャプチャソフトと一緒なんだろうなと
思っていたのですが、どうやら違うみたい。



とにかく使ってみよう。
ということで2年ほど前に取得したログイン情報を思い出しログイン。


ブラウザはクロームで利用できるとのことで、
さっそくクロームに追加。



evernotewebclipper.JPGのサムネイル画像
    ↑↑↑↑



こんな感じでブラウザの右上に追加されます。



結論を言うとエバーノートには、
私が欲しいと思っていた機能が全部そろっていました。


もっと早く調べておけばよかった・・・orz



Webページをワンクリックで保存できるだけでなく、
元のページがなくなっても永久保存可能とのこと。


しかも画像で保存するわけではないので、
テキスト部分はそのまま!!


もちろん端末さえ持っていればどこからでもアクセス可能なので、
外出先でも困りません。


というか便利すぎる。



ECサイトの変更履歴なんかも、
この機能でクリップしていけば分かりやすいですよね。


こういう使い方を知ってしまうと、
私は確実にヘビーユーザーになると思います。



今、無料プランで使っているわけですが、
もっとクリップする情報が増えたら必然的にプレミアムにアップグレードすることになるはず。



エバーノートは毎月のデータ転送量の上限はあるものの、
容量の上限はないみたいです。



ちょっといろいろ試してみます。


もっとこんな便利な使い方あるよ~と情報お持ちの方、
いらっしゃいましたらコメントお待ちしております。















「ほのぼの」するお話を募集中です。

ほのぼの本舗では、ただいま「ほのぼの」するお話を募集中です。


読んだ人の心が温まるような話題。
クスッと笑ってしまうような話題。
あなたの日常で起きた、心がホッとするお話。

どんな些細な話題でも嬉しいので、
みんなに教えてもいいよ~という方の投稿をお待ちしています。


投稿はコチラからどうぞ。




ほのぼのする。


私たちは1日24時間あるなかで、
関わる人全ての「ほのぼのする時間を増やす」
ことを基準にサービスを展開しています。


そのひとつとして「ほのぼのする話」を提供したいと思っています。
私個人の希望としては日刊で届けたい。


それができれば、1日のふとした時に読んでもらえます。
そしてその一瞬はほのぼのしてもらえるかもしれません。



仮)日刊ほぼほのぼの話


ちょっとどこかで聞いたこともあるようなタイトルですが、
こんな感じで毎日配信していきます←決定しちゃったよ。


ということでこのブログを読んでいただき共感してもらえましらた、
ぜひ「ほのぼの話」をお知らせいただけるとめっちゃ喜びます^^


投稿はコチラからしていただけます↓



温かいお話お待ちしておりま~す♪











北海道 松前町 珍百景??

北海道松前郡松前町と言えば、

になって欲しい → 願望(笑)



サイトを運営するにあたって、やはり町の広報活動の一環になるように!と。
依頼をうけておりました。はずです。


なので松前町のことについては、常日頃から気にしてはいました。
そして今日、素晴らしいイベントを知ってしまいました。



それが戦国武将ライダー。
もしくはバイク武者。



???




何のことかまったくわかりませんよね。
まずはこちらをご覧ください。









人口も少ない漁師町なのに・・・
素敵すぎるイベントです。


こんなイベントが年間70個もあるのだとか。
松前町・・・奥が深い・・・




ところで、9月の後半にはマグロ祭りがありますよ~。


解体ショーとかもあるそうなので、タイミングがあえば行ってみてくださいね。



今年は私も参加する予定です。
マグロ楽しみ~♪








決断とは?

約10年前にある人に言われた言葉をシェアします。


「決断」とは?
字のごとく、決めて断つことです。



10年前の私もそうでしたし、ふと気付くと現在の私もそうだったのですが、
決めることは多くの人ができるのですが、断つことが下手な人が多いように思います。


断つことを忘れてしまうのです。


私は決断の意味をわかっているつもりだったのですが、
行動レベルで出来ていなかったなぁ~と痛感する出来事がありました。

まさに、「わかる」と「できる」の違いです・・・


ふと気が付くと、あれもしたい、これもしたいになっていたのです。
これではエネルギーが分散して良い結果が生まれません。



1日は24時間しかありませんし、自分が持っているエネルギーも限られています。
その時間とエネルギーをどれに注ぐか?


決断が必要なのです。



決めるということは時間とエネルギーを注ぐ先を決定することであり、
断つということは時間とエネルギーの注入をやめるということです。


決断できていなかった自分に気づき、
先ほどからせっせと削ぎ落とす作業をしています。


作業前に比べて随分シンプルになってきました。
シンプルになると速度も上がってきます。


ただいま非常に頭の回転も良いです。



この調子でどんどんシンプルにして、
ほのぼの本舗でこれまで以上のサービスの提供をしていきたいと思います。







2012年9月23日に奈良県で "しげにい" こと永松茂久さんの講演会があります。

じつは、2011年9月23日も永松茂久さんは大阪産業創造館で300名の講演会をされています。
そのときの主催者はいつもお世話になっている大恩人の中村健一さん。


私も少しだけお手伝いをさせていただき大変勉強になったのを覚えています。


そして、ちょうど1年後のまったく同じ日に偶然にも講演会が開催されるとは。
すごい縁ですね。。。



「for you」のお話は本当に聞いてもらいたいので、
まだ一度もお聞きになったことがない方はぜひ聞いてみてくださいね。


詳細はコチラです→http://goo.gl/l3QgQ













常滑焼の職人技。

ほのぼの本舗では大和茶の通販サイトを運営しています。
そしてそのご縁から常滑焼を取り扱うことになったのです。


と言っても、まだサイトアップはできておらず、
現在は事務所兼お店での販売をしています。


まず常滑ってどこ??
と思われる方が多いと思うのですが、どこかご存じですか?


私も現地に行くまで知らなかったのですが、
愛知県常滑市という住所がありまして場所でいうと中部国際空港のほぼ隣にあります。


http://goo.gl/roPUk ←地図です。


常滑焼は昔、朱色の急須で有名だった地域で、
手造り急須の技術では世界一と言われているそうです。

常滑の急須は一家にひとつはありそうな急須です。



ですが、発展途上国で大量生産されるようになり、
現在では朱色の急須は100円均一のお店でも見かけるようになり・・・

もちろん技術は全然違いますが。



今では職人さんの数も相当減ってしまっているのです。
世界一の技術が高齢化によってなくなろうとしているんです(涙)



そんな中、凄腕の職人さんはまだまだいらっしゃいまして、
私たち世代の父親ぐらいの方々です。

ほのぼの本舗のお店に置いてある茶器たちは、
常滑の凄腕の職人さんが作った茶器なのです。


作家さんのお名前は、村田益規さんと言います。


村田益規さん茶器.JPG



正直、遠くからご覧になったお客様には鉄瓶と言われたり・・・
あまりの精巧な技術のため手にとってご覧になる方が少ないような品物です。


値段もそれなりにしますので。。。


写真の商品は6万円です。

わかる人にはその価値はわかるのですが、
やはり手にとって見てもらわないと伝わらないこともあります。



例えば、その精巧さ。
ふたを開けるときの密閉感というか空気がひっつく感じというか・・・



ちょっと動画に撮ってみました。







わかりますか??
この職人技。


この技術で、しかも世界にひとつだけのオーダーも可能なのです。
いや~、すごい。


ご興味がある方はぜひお店のほうにお越しください。
お茶でも飲みながらご覧になっていただければ幸いです。








今日は紅茶専門店のI TeA HOUSEにて打ち合わせ兼お仕事でした。
こちらで扱っておられる茶葉はインド・スリランカで最高等級、もしくは幻の・・・

と言われるような茶葉が専門。


国内ではほぼ入手できないであろう茶葉を使って紅茶を堪能させてもらえます。


いよいよ通販サイトが立ち上がり販売開始まであとわずか。
そんな段階にきております。



私自身、こちらのお店は知人に連れてきていただいたわけですが、
その後自分の知り合いも連れてきたりと、ついつい紹介してしまいたくなるお店なのです。


で、連れてきた友人・知人が口をそろえて言うのが、


「今まで飲んでいた紅茶はいったい何だったの??」


このセリフです。




それぐらい違うんですね。ホント。

じつはぜひ皆さんに食べていただきたいスイーツもたくさんあるのですが、
基本オーガニックなスイーツなので保存の問題で通販はできません(涙)


こればっかりは実店舗に食べに来てもらうしかないのです。。。



ですが、茶葉は最高等級のモノをご自宅までお届けできるようになりますので、
もうしばらく待っていただければと思います。



自分で言うのもなんですが、私のおススメは、
マスターとほのぼの本舗で考えた「お試しセット」です。


お試しセットと名付けてますが、
お友達やお知り合い、取引先に贈っても大丈夫な内容。


見た目もしっかりとした箱に入っているので、もらう側も絶対に嬉しいと思います。
販売開始になりましたら、ブログでも告知しますので楽しみにしていてください。


最高等級の茶葉を見てもらいいつつ本日は終わります^^



サマビオン茶園ファーストフラッシュ.JPG














昨日は自分たちで主催した映画の上映会でした。
正直映画の上映会を主催するとは夢にも思いませんでした。


と言っても、ほのぼの本舗で主催したわけではなく、
ほのぼの本舗も含むチームヒーローズというメンバーで開催したのです。


KAVCと書いて"カブク"と読むらしい。


そこを借りてやりました。


会場は94名で満員になるスペースで、
追加となるとパイプイスが登場するらしいのですが、
今回はそんな事態に陥ることはなく。


無事に終了することができました。


本当はスタート時点でちょっと僕がミスったんですけど、
それは関係者のみが知る裏話ということで非公開(笑)



申込時点では満員御礼で申込ストップしたのですが、
やっぱりね。何名かは当日キャンセルってあるもんです。



でもほぼ満員。



ファインディングジョー神戸上映会.JPG



本当に不思議なご縁で集まった方が多かったように思います。

某大学のゼミの方が数名もお越しいただいたようで、
ゼミで研究している内容で、あるキーワードを検索していたところ
偶然にも今回の上映会をみつけちゃったとか。


それで一気に参加してくださいました。



この映画、僕は主催者側だったので当然何回も観るチャンスはあるわけですが、
何回見ても気づきがあるし、何回も見て身体で覚えておきたい話がいっぱい。


何回も見ないといけない理由として
映画の進展の早さと字幕の量が多すぎてついていけないという感想もいただいておりますが・・・(汗)



何はともあれ。昨日は無事に終了。
参加してくださった方の感想は別のスタッフが持ち帰ったので、僕は見ていません。


でも喜びの声が多かったように聞いています。
良かった良かった。



終了後はチームヒーローズで懇親会。
あまりのホッとした感に飲み過ぎて今日は二日酔いです。


昨日の帰り道に車内でゲロッとしなくて本当に良かった。
あやうくO氏の買ったばかりの車を汚してしまうところでした。



次回はどうやら大阪でも上映会を企画しているそうです。
チームヒーローズで。


次は会場も大きくして500名規模?

チームヒーローズのメンバーも増えて、20名ぐらい。
そんな感じでやるかも??ということで解散でした。


たぶんやるんでしょうね。



次回開催のときは、今回お越しになれなかった方もぜひぜひご来場ください。
それではファインディングジョーの予告をご覧ください。どうぞ!!


















マグロと桜の町。北海道松前郡松前町。

北海道で唯一お城がある町。
北海道松前郡松前町。


松前城.JPG


お城は後ろから撮った図です。


唯一のお城も観光スポットなのですが、
もっと名物があるのです。


それがタイトルでもご紹介したマグロと桜です。


今日はマグロのお話を少し。


松前町は北海道の南に位置し、目の前は津軽海峡という漁師町です。
天気がよければ対岸には竜飛岬などが見えています。


で、ここからが皆さんあまり知らない内容なのですが、
大間のマグロって有名ですよね??


何千万円もの値がつく、国産の天然本マグロです。



あれって、どこの海で獲っているか知ってますか?
じつは津軽海峡で獲れているのですよ。



そう。松前町で獲れる国産天然本マグロも、
大間のマグロも津軽海峡という同じ海で獲れているのです。


じつはこの津軽海峡にはだいたい4つほどマグロ漁をしている漁港があります。



で、皆さんは年明けのご祝儀市場と呼ばれる初競りで、
どこの漁港で獲れたマグロが一番高い値段が付くかをTVとかでご覧になっているわけです。


その値段があまりにも高額なことから、
そしてその値段がついたのた大間のマグロだったことから一躍有名になったわけなのです。



まず、国産で天然モノの本マグロというだけでもブランドなのに
「大間」と付くとさらに高い・・・


同じマグロなのに・・・


あ、それから東京築地市場を通って各地に流通しますから、
まず国産天然本マグロがその辺のスーパーで売られていることもありません。

良い本マグロはお寿司屋さんとかが買ってしまうのです。


とマグロの説明が長くなりましたが、
北海道の松前町では、この国産天然本マグロがたくさん獲れるんです。



国産天然本マグロ.jpg



水揚げされてから、いろんなルートを通って皆さんのお口まで運ばれていくわけですが、
そのルートを通る間に価格も高騰してしまうのが今までのシステム。


ところがインターネットを利用しているほのぼの本舗では、
水揚げされてからダイレクトにお客様のご自宅まで届けることができるようになりました。


これ、すごいことです。


普通、築地とか函館とかの市場行きですから。
もしくは地元の人が食べられる程度・・・


小さなマグロなら冷蔵便で1本まるまる送ったりも可能。



本マグロのほかにもNHKに取材された、海の幸もあるのですが、
それはまた次回以降で。


今回はマグロと桜の町、松前のマグロのご紹介でした~















お中元。まだまだ受付中です。

昨日から8月になりました。


子どもの頃だったら、もう8月になっちゃったよ・・・orz

と落ち込んでしまうぐらい、
7月20日~7月31日というのは天国期間だったように記憶しています。



大人になってからは・・・
もう8月か。早いな。。。って感じでしょうか。



と、そんなことはさておき。
年もまだまだお中元を受け付けております。


北海道さんだかん燻製工房のお中元セットは毎年7月末日までの受付。
なので8月からは販売していません。


ですが、京都の高級蒲鉾はお盆まで受け受けております。
その他、大和茶や北海道の海鮮類もございますが今日は茨木屋さんのお話です。


茨木屋さんの蒲鉾は、京都の高級料亭御用達というだけあって、
素材もさることながらファンの方もとても多い蒲鉾なのです。

今まで"かまぼこ"と言えば、うどんに入っているピンクと白のアレ。

という感覚だったのですが、
本当に美味しい蒲鉾は私の知っているアレとは比べものになりません。


その中でも、この季節の絶対おススメは、


魚そうめん.jpg


地元の方であればご存じかと思いますが、
全国的にはほぼ知られていない商品。



京都の夏と言えば、祇園祭りと「魚そうめん」だぜぇ~。


と知ったかぶりして贈っていただいても
絶対に恥はかきません。


いや、もしかしたら、
「この人、お洒落・・・」と思ってもらえるほどの商品です。


自画自賛的な記事で申し訳ありません。



まず、魚そうめんと聞いて「何それ?」と思われました??

魚そうめんとは、魚のすり身で作ったそうめんなんです。
それを美味しい出汁で食べるわけです。


温泉玉子と一緒に食べるセットもあるのです。
いや、もう本当に美味しいのです。


しかも、緑色の魚そうめんには、
京都のお茶屋さんで有名な一保堂茶舗さんの抹茶を使用。


本当に高級感あふれる作りとなっております。



もし、魚そうめんを食べられたことがないのであれば、
ぜひこの機会に召し上がってみてください。


きっと気に入っていただけると思います。














このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。