2012年11月アーカイブ

北海道出張振り返り③




ずいぶんと日が空いてしまいました。


さて、激辛マグロ丼早食い世界大会の当日がやってまいりました。


今大会からエントリーが多くて抽選になったようなのですが、
私はなぜか抽選せずにエントリーさせてもらうことができました。

とりあえず関西代表として参戦。
一番遠方からの参加者でした。


さて、この激辛マグロ丼早食い世界大会。
ルールを簡単に説明します。


まず、5人で台の上に上がり長テーブルに丼が用意されます。
ごはんの上に本マグロの中落ちを山葵まみれにしたものがのっています。

予選はそれを早く食べ終わった人が勝ち。
決勝は少しルールが変わり、コーラの一気飲みもセットになります。



激辛は激辛でも「わさび」の辛さは気管支の機能を奪ってきます。
ゴホッとむせてしまうと、そこから後は呼吸器の機能がかなり低下します。


私の予選の対戦相手ではありませんでしたが、
むせ過ぎて激辛マグロ丼を口に入れてはむせて戻すという
無限リサイクルモードになってしまわれた方もいらっしゃいました。。。



予選の感じを動画でご確認ください。
関西代表ながら笑いを誘う場面もなくタンタンと勝利したつまらない動画です。








対戦相手の方々もけっこう食べそうな人ばっかりですね〜。
激辛マグロ丼じゃなく、ただの大食い選手権だったら余裕で負けていたと思います。


で、優勝目指して決勝戦を頑張ったわけですが、
優勝ならず・・・残念!!



一応しっかりと言い訳します。


まず、決勝前に優勝者への景品が発表されました。
何だと思いますか?

北海道松前町は「マグロ」と「さくら」で有名な町です。

当然、さくらの季節は終わっていますし、
松前まぐろ祭りのイベントとして早食い大会が行われています。



となれば・・・
え?まさか本マグロ1本?

期待しますよね。。。



そして発表された優勝者への景品がこれ。




解体後の本マグロのカマ2個のみ!



「心折れるわ・・・」






という事をちゃんと主催者に伝えてきました。
なので来年はもっとすごい景品が用意されるはずです。

そして名誉もいただけるはずです。


だから僕は来年も参加する予定^^





ま、ま、イベントなんでね。
本当の目的は取材されることだったのです。

で、運良く北海道新聞の記者さんとお会いすることができました。


こっちはしっかりと目的達成できましたよ〜。
北海道新聞の朝刊にそこそこの大きさで記事にしていただきました。






これから年末に向けて、ご家族で集まったり、
会社のメンバーで集まる事が多いと思います。

そんな時にぜひこのサービスを使ってください。




ということで、北海道出張振り返り松前編は終わりです。
翌日は500キロの道のりを北海道深川市に向けて出発です。


深川編に続く・・・はず。。。



























このアーカイブについて

このページには、2012年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年10月です。

次のアーカイブは2012年12月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。