2013年6月アーカイブ

無添加カマンベールチーズの試食会



昨日は15時から北海道産の
無添加カマンベールチーズの試食会をしていました。


おやつタイムにワインと一緒にチーズを楽しむ。


15時にスタートした試食会も
どんどん飲み会っぽくなり・・・


終わったのは時計が24時を回って25時過ぎでした。



最後はなぜかトランプをしてました(笑)




さて、まずは四角いカマンベールから実食。

カマンベールチーズ カレ





続いて先ほどのチーズよりやや濃厚なカマンベール。
僕はこっちのほうが好き。


カマンベールチーズ ロワレ





そしてゴーダチーズ。
旨いです^^


無添加ゴーダチーズ






無添加カマンベールのブルーチーズ。
これはカビ全開のブルーが好きな人には少々物足りないです。


でもブルーが苦手な人なら食べやすくていいかも。
このブルーチーズが一番好きという意見も出ていたので好みですね。


届いてすぐに食べているので、
もう少し熟成させたほうが良かったのかな?

無添加カマンベールのブルーチーズ






チーズと赤ワインってこんなにも合うのね。
素敵。美味しい。


仕事中に飲んでごめんなさい。
でもこれも仕事。

またチーズとワインの試食会やりたい!!


赤ワインとチーズ







北海道産の無添加カマンベールチーズ。


無添加コラボ、最高に美味しいぜ!!


無添加ベーコンと無添加カマンベールチーズ






そして差し入れの・・・名前を忘れてしまった・・・
でも、これが美味しい!

ヤミツキになります。



美味しい食べ物




ピリ辛のジャークチキンと
上の名前を忘れてしまったやつを一緒に食べるとさらにうまし!!


ジャークチキン








昨日は、「おいしいは嬉しい。」を自ら実感。

そして〆には、チーズ工房が作ったガトーフロマージュを。



とってもおいしくいただきました。


無添加ガトーフロマージュ







ガトーフロマージュを食べている時は、
開始からすでに5時間~6時間経過していました(汗)




そのほか、
チーズはハチミツをかけて、
その上にコーヒー豆をパラパラっとふりかけて食べたり、
ブルーベリージャムと一緒に食べたり。



長い一日でしたが、とても有意義な時間でした。




毎月何回かは新食材でこういう会を開きたいです。
そうなるようにがんばります!!






【業務連絡】
昨日チーズを食べた方。
各チーズのコメントを文章で送ってください(笑)











健全な精神は健全な肉体に宿る



タイトル通りダイエットのお話です。


30代も中盤になってくると、
体が大変なことになってきています。


スタイリッシュとか、
シュッとしてるとか、


そんな言葉はここ十年で、
僕の耳に届いたことがありません。



さすがにこのままいくと、ヤバいな・・・



と思い、ある方が紹介している本を買いました。
それがこれ。


高橋克典の肉体改造メソッドのサムネイル画像





この本は46歳の頃だそうで、
特命係長 只野仁 の役作りで肉体改造をされたそうです。



タイトルにも書きましたが、
健全な精神は健全な肉体に宿る、この言葉。



体重だけを落とせば良いということであれば、
カロリーの管理だけでなんとかなります。


基礎代謝を調べて、
1日で摂取するカロリーを
基礎代謝以下にすれば当然体重は減ります。



でも、それって健全な肉体じゃなくても可能です。
健全な肉体にしか健全な精神は宿りません。



身体のどこかが悪かったら
集中力なんてなくなりますし、
そのまえにやる気がなくなります。


良い判断もできません。


そう考えると体重だけ落とすっていうのは意味がないですよね。



そこで高橋克典さんの本を参考にしました。
今僕は特命係長を目指してます。



あ、夜の顔のほうね。



全てを真似るのは流石に無理だなと思い、
筋トレと食事を真似ようとスタートしたのですが・・・



開始3日目で体が拒否反応を起こしました(涙)
意味不明の背中痛と熱射病のような症状。


まさに三日坊主!


結果。2、3日寝込みました。
潜在意識のパワーを見せつけられました。


恐るべし俺の無意識。。。




でも年内には表紙のような体になりたいと思います。



そしてスタイリッシュで、シュッとしてる子に
なれたらいいのになぁぁぁ。




国産天然はちみつの通販を開始しました。100%国産天然です。
北海道の新海養蜂場さんのはちみつを扱わせてもらいます。




ということで今日は新しい商品でもあるハチミツのご紹介を。



国産天然はちみつお試しセット



そもそもハチミツってどうやって作ってるの?
じつは当初、この程度の認識しかなく養蜂家さんをご紹介いただきました。


で、お会いした日に聞いてみました。


「そもそもハチミツってどうやって作るんですか?」と。




「作ってないよ。蜜蜂が集めてきた蜜を採ってるだけ。」




これが天然の蜂蜜だけを採蜜している養蜂家さんに共通する回答です。
(だと思います←全員に聞いたわけじゃないので、念のため。)



世には多くのハチミツが流通していますが、
その中には砂糖を加えたものや、
ハチミツが持つ良い成分がなくなってしまったものなど
じつに多くの商品が出回っています。



しかも国産の蜂蜜となると日本全体でも約5%程度しか流通していません。
だからほとんどは中国などからの輸入蜜なんですね。



でも、それらは全てハチミツと呼ばれますし、
僕のように知識がない人には蜜の違いはわかりません。



私自身、ハチミツにはまったく知識がなく、
ハチミツって一種類と思っていました。



ところがそうじゃないんですね。



蜜が採れる花ならなんでもハチミツになってしまうんですよ。まあビックリ。


アカシア
クローバー
れんげ
みかん
りんご
菩提樹
そば
とち


とかです。



花の見た目や香りが違うように、
はちみつも花ごとに味と香りが随分変わります。


そして、その違いが楽しいし美味しいんです^^
いろんな花の蜜を混ぜてみて、自分好みのはちみつを創るなんてこともアリです。



で、ですね。
私が驚いたのは、何も手を加えていない、
ただ巣から採っただけのハチミツの色です。


市販されているモノと明らかに色が違う。


天然はちみつは蜜にもよりますが、
とても薄い黄色(アカシアの場合)なんですよ。



そういえば、比較写真がないわ・・・
今度撮影して追記します!




もし買われたらこの食べ方試してください。


ホットケーキとか食パンにバターをぬって、
そこにたっぷりのハチミツをかける。



これが美味しいんですよ。ホント。



バターとハチミツの相性は抜群です。
食べ過ぎると太りそうですけどね・・・(笑)













このアーカイブについて

このページには、2013年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年5月です。

次のアーカイブは2013年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。