2013年12月アーカイブ



12月17日から中国へ行ってました。生まれて初めての中国。香港経由で楽しみ~だったのですが・・・

humen.JPG


どうやら今回行き着く先は、中国の治安ランキングワースト1の街。ネットで調査している段階で行くのを断念しようかと思いました。が、百聞は一見にしかず。行ってみますと、そうでもない。普通。

ま、夜の町を歩いたりはしていないので治安については詳しいことはわかりません。本当はけっこうヤバい地域だったのかもしれませんが、自分が動いた範囲内ではそんなことは感じませんでした。

虎門というところはどうやらアパレルコピーで有名な町らしいです。で、ちょうど宿泊したホテルの横というか同じ建物が卸デパートみたいになっていました。全く欲しい服はありませんでしたが・・・


さて、この虎門に行くためにはいくつかルートがあります。


まず空港をどこにするか?

関空からだと香港国際空港か広州白雲国際空港なら直行便があります。今回は香港を選びました。帰りに香港に寄るためです。



空港からはバスか電車かフェリー移動か?

空港からは各方面へ向けてバスや電車、フェリーが出ています。今回は電車は使っていないので情報はありません。電車移動もホテルスタッフに教えてもらいましたが初心者にはややこしかったです。

ということで、香港国際空港から虎門へはフェリーでダイレクトに行く方法とバスを乗り継いでいく方法があります。私が到着した時には香港国際空港から虎門行きのフェリーは最終便が出発した後だったため残念ながらバスしか選択肢がありませんでした。

よって乗り合いバスを選択。虎門の少し手前の長安というところまで230HKDでした。空港から深圳まではTOYOTAのアルファード、深圳から長安(私は長安で降りられなかったため厚街まで行くはめに・・・)まではボロボロのTOYOTAグランヴィアでした。

HKIA BUS.JPG
(いくつものバス会社が並んでいます)

バスを乗り継いで行く場合、虎門にはダイレクトに行ってくれません。長安というところか厚街というところで降ろされて、そこからはタクシーを捕まえて行けと言われます。

この虎門や厚街を走っているタクシー、運転席が鉄製?の頑丈な檻で囲まれています。それを見ると治安の悪さが・・・

長安からも厚街からも虎門へはタクシーだと80RMB、100HKDぐらいと言われました。この価格が妥当なのかどうかはわかりませんが、後日ホテルでタクシーを呼び厚街の会社へ行った時は150RMB必要でした。

ホテルが呼んでくれたタクシーは運転席に檻もなく、革シートで快適でしたよ^^


ちなみにバス移動の場合、香港から中国への入国は写真のとおり乗り合いバスに乗車したまま行われます。

IMG_2945.JPG
(この手続きに20分〜30分かかります。運転手は外に出てタバコを吸ったりしていますが、お客たちは乗せられたままです・・・キツい)

何台も似たような送迎車が走っていましたが、どの車も「すし詰め状態・・・。この移動がかなり疲れます。長安まで約2時間、厚街まで約2時間30分です。運転手には残念ながら英語が通じません。



虎門からの帰りは香港国際空港までフェリーを利用しました。片道300RMBで90分で空港に到着します。揺れないしめっちゃ快適です。座席指定あります。もう次に行くことがあったら確実にフェリーを利用します。


IMG_3035.JPG

が、注意点がひとつ。私は帰りに香港観光をしようと計画していたので、空港から香港の町に行けばいいやと思っていたわけですが、フェリーを使うとそれができません。フェリーに乗る段階で出国の手続きをさせられてしまいます。空港についたら有無を言わさず出発ゲートに直行です。なので香港の町へは行けませんからご注意を。


中国本土から香港空港へ向かう途中に香港観光をしようという場合はフェリーではなく、バスや電車、タクシーをご利用ください。



個人的に楽しみにしていた香港は乗り合いバスで通過したのみ。まったくどんな町かわからないまま過ぎ去りました(涙)治安が悪い町と言われる町で普通に過ごしただけでした。

YOUTUBEやfacebookには全く接続できませんし、日本なら閲覧できるサイトも閲覧できなかったり、Gメールやドライブへの接続がめちゃめちゃ遅かったり、接続されなかったり。普段からGoogleのサービスをメインで利用している人は中国本土は不便なように感じました。

唯一の楽しみだったゴハンも・・・少し痩せたかも・・・。






このアーカイブについて

このページには、2013年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年11月です。

次のアーカイブは2014年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。