2014年5月アーカイブ


近鉄奈良駅の近く。ひがしむき商店街にある中華料理屋「青天」。高校時代の同級生が昨年お店をオープンさせたと聞き今日行ってきました。(行くのおそー!)

食べログはコチラ→http://goo.gl/CikAk6
facebookページ→http://goo.gl/svhLev

seiten.JPG

まず最初に自分のことは棚にあげて、あえて申し上げさせていただきますと・・・

同級生とは思えないオッサンが店の中にいてる。


あのおっさんの名は田島と言います。高校の部活が同じでした。え?どうでもいい?


じゃ、そのおっさんの話はとりあえず置いといて場所のご説明から。えっと僕もお店の場所を聞かずにfacebookページに書かれている情報だけを頼りに行きました。そうすると、残念なことに100%たどり着けません。

ですから遠方からお越しの方、またはご近所の方にもわかりやすいように写真を撮ってまいりました。近鉄奈良駅の近くに「ひがしむき商店街」というのがあります。

higashimuki1.JPG

higashimuki2.JPG

こういう感じの通りです。この中のどこかにあります。ざっくり言うと近鉄奈良駅に近いほうです。この写真は近鉄奈良駅から遠いほうです。入口を撮影するのを忘れたんですよね・・・。とにかく「ひがしむき商店街」を目指していただければ、あとは何とかなると思います。

で、彼のお店「青天」のおすすめメニューは「麻婆豆腐」。この麻婆豆腐は好き嫌いがはっきり分かれる一品。山椒がものすごく効いてます。僕も最初食べたときはびっくりした。こんな麻婆豆腐は初めて食べました。舌がピリピリするの。いやー、なんていうか万人受けをまったく狙ってない感じ。

ストイックな麻婆豆腐

だからねー、あの味にハマる人はバチーンとハマると思います。僕は今日この後仕事があったのでビールは頼めませんでしたが、できることならあの麻婆豆腐でビールを飲みたかったなぁ。

ピリピリっと辛いところにシュワッとさわやかにビールを流し込む。それサイコー!

seiten2.JPG
(おっさん二人による麻婆豆腐をおススメしている図)

僕と一緒に奈良へ行くことがあれば必ずご案内しますからねー(笑)そして皆様、奈良へお越しの際は(奈良公園とか正倉院展とか)、ぜひぜひ青天へ行ってみてくださいね。四川風の山椒がききまくった麻婆豆腐がおススメですからねーー!!












2年前にはじめた国産天然本マグロを一本丸ごとご自宅にお届けするサービス。今年もやります!と言っても早くて7月ごろからのスタートです。

honmaguro.png

今頃の時期になってくると、いつから発送開始になりますか?といったお問い合わせが増えてくるので今日はそういう内容について。

本マグロって例えば今日の朝獲れたとしても、即日の発送はしません。もちろんすぐに送って欲しいという場合は送りますが、通常は2~3日寝かせてから送ります。

じつはマグロって獲れたてをスグに食べても酸っぱいだけで美味しくないのです。数日寝かせることで熟成して美味しくなる。解体ショーなんかで使っているマグロも数日寝かせているはずですよ。もちろん松前マグロ祭りの解体ショーで使う本マグロも数日前に水揚げされたものばかり。


一本丸ごとの本マグロをお取り寄せをするお客様はだいたい家族や友達同士で集まって食べるとか、会社の人たちと食べたり、イベントとかで使ったりされています。普通そうだよね。一人で食べるとかってなかなかね・・・。あ、そういえば4人家族で相当大きいマグロを注文された方がいました。注文をしてきたご主人は奥さんにかなり反対されているようでしたが(笑)

ま、そういうお父さんの暴走はどこの家庭も同じようなもんですよね^^


せっかく家族や友人、会社のメンバーが集まって本マグロを一本豪快に食べようと思ってご注文をされるわけですから、やっぱり僕たちとしてもご希望の日時にお届けをしたいと思っています。これは漁師さんも同じ気持ちですよ。

なのでもし本マグロパーティーを考えられているのであれば、だいたい3週間前、もしくは2週間前ぐらいには予定を教えて欲しいです。早ければ早いほど助かります。


昨年は本マグロがものすごく不漁で、多くの人にご迷惑をおかけしました。楽しみにしてくださった皆様、本当に申し訳ありません。津軽海峡を本マグロが全然泳いでいなかったんです(涙)今年も本マグロのシーズンに海がどういう状態になっているのかは想像もできませんが美味しいマグロをお届けできるよう僕は今から祈っています。


で、やっぱり一本丸ごとの発送にあたって一番多い質問が、「マグロが届いたら自分たちで解体できますか?」というもの。そうですよね。なかなか自分たちで捌く機会ってありませんもんね。

えー、本マグロの解体はご自身でもやっていただけます。魚を捌いた経験がおありならまず出来ると思います。普通の出刃包丁さえあれば30キロぐらいのマグロならやっていただけます。その証拠にこの動画をご覧になっていただくと自分たちでも解体できるって思ってもらえるはずです。どうぞー!
















今日は朝8時15分からNHKあさいちで北海道松前町のおいしい食べ物などが放送されました。放送があることをすっかり忘れていて録画し忘れました・・・orz誰か録画されている方がいらっしゃいましたらデータを送っていただけると嬉しいです。

さて昨日は北海道上ノ国から送っていただいた干物たちの試食会をやりました。ちなみに試食会って思ってたのは自分たちだけで、道行く人たちからは「昼間から酒盛りやってはるわ~」という声も・・・

sakanayaki1.JPG

ホームセンターで魚焼き機を購入。届いた干物を食べるためだけに買ってしまった。この魚焼き機、次はいつ使うことになるんだろう・・・

sakanayaki2.JPG

出番を待つ自然解凍中の干物たち。この日の昼ごはんは干物オンリー。旨そうじゃのぉ~。

himono1.JPG

イカの置き方逆ですか?反り返りすぎてません?こんなもんなの?真イカが元気だから?そうそう、この天日干しの真イカ、手でちぎって食べるんですよ。包丁とかでカットはせずに。イカの横にあるのはほっけの燻製です。

himono2.JPG

焼き過ぎには注意してねって言われていたので、適度に炙った段階で食べます。あ、スイマセン。昼間から冷たいビールをキューっといってます。ゴメンナサイ。

IMG_3967.JPG

この人たち昼間っから酒盛りしてはるわぁ~の図。

sisyoku.JPG

ホッケの身は程良い塩加減、プリップリで脂ものって甘いの。真イカも肉厚なのにプチンと噛み切れて、軽く炙っているのでイカを焼いたときのあの香ばしい香りがぷ~んと漂って・・・うはぁ。こりゃあビールが進むわ。

nihonsyu.JPG

あ、コラ!日本酒買いに行ったん誰や?

そら道行く人たち、さらには近所の人たちからも冷たい視線を送られるわ!

okabanzai.JPG


...








けっこうデカイ写真をもらうことになった。


この前、うちの事務所の前に年配の女性が立っていました。ず~っとこっちを見ている。すっげー視線を感じる。ん?どうしたのかな?と思って声をかけてみました。すると写真をもらってほしいと突然お願いされました。

理由はその女性が引越しするかもしれないから。そしてこの近所に自分が持っている写真を飾ってくれそうなお店がないから、ここなら飾ってくれるかもしれないと思って声をかけましたってことでした。

たしかにうちはかなり大きめの絵を3枚、その他小さい絵も2枚飾っています。それに引き寄せられたの?めっちゃ不思議。こんな経験ってしたことありますか?

picture1.JPG

この2枚の写真を持ってきてくれました。

なんでも阪急3番街ができた当時に気にいって購入されたようで、購入してから今までずっと押入れの奥に眠らせていたそうです。森の中の写真の場所はどこのものかわかりませんが、お城は世界の名城25選に入るドイツのお城でした。

ノイシュバンシュタイン城というお城でディズニーランドのシンデレラ城のモデルにもなっているらしい。


お城の写真は飾る場所がなくて・・・残念なことにトイレに飾ってます・・・。

おかげでトイレがちょっと不気味になってる。。。









北海道上ノ国から干物が届きました。


北海道上ノ国から天日干しの干物が届きました。今日から試食の日々だ。美味しそうやなー。嬉しいなー楽しいなー^^

himono.JPG

今回ご紹介をいただいた干物屋さんは、弊社とお取引をさせてもらっている生産者の方々が口をそろえて「あそこの干物はウマい」と言います。何が違うかはそのうち詳しく書くとして、やっぱり食べてみないとウマいかどうかはわかりません。

ある生産者はこの干物の説明を僕にしたときにこう言ったんです。

「干物なんだけど半熟なんだよ」

え?どういうこと??めっちゃウマそうやん!


だから今日から僕は干物ばっかり食べる。スーパーで普通に売られている干物と食べ比べる。そしたら違いってわかってきます。そうやっていろいろ食べてみて・・・

まいうー

ってなりますと、通販で皆さんにお届けします。さあこれからホームセンターに魚焼き機でも買いに行って皆でお酒でも飲みながら食べよっかな??

今日もデブまっしぐらやで。






今日は時ちゃんがやっている自然に幸せな作家が集まるグループコンサルティングの最終日でした。今回の参加者の方も、出版に向けて出版社内で企画が無事に前に進みました。おめでとうございます^^そのお礼も兼ねて午前中は石清水八幡宮へ。

そしてこのグループコンサルティングは今日の最終日をもっていったん休止します。そういう意味でも今日はとても感慨深い日になりました。

otokoyamacable.JPG

このケーブルカーには何回お世話になったことか・・・

hachimangu1.JPG

この道も何回も歩きました。あの鳥居をくぐってから頂上まではみんなずっと無言で歩くの。そういう決まりなんです。それが時ちゃんルール。

そして石清水八幡宮の今日のひとことがこれ。

hachimangu2.JPG

「物はとかく時節をまたねば願ふことも成就せず 短慮は功をなさず」 滝沢馬琴

何事にもタイミングってあります。それは人それぞれ違う。ついつい焦ったりしてしまうけど、もしかしたら今のあなた(自分)には、まだ時期が訪れていないこともあります。もしまだなら待つことも大事。チャンスなら思い切って行くことも大事。全てはタイミング。

今日の言葉は刺さったわーー。「時節を待つ」ことで、時ちゃんも僕もこの休止期間にいい意味で新しいステージに変わりそうな予感がしました。っていうかきっと変わるよね。メッセージが来てるし。


さて八幡さんへのお礼も終わり樟葉のI TeA HOUSEへ移動。今日はひさしぶりにオーナーの伊藤さんが東京から戻ってきてた。よって少し打ち合わせをする&僕の肉体改造も少し褒められる(オレ喜ぶ)。会話の内容はめっちゃええ加減・・・やけど打合せ内容(約5分)はすごい重要だったりする。

iteahouse.JPG

今年のジュンパナ茶園のファーストフラッシュをお気に入りのヘレンドのカップで。僕はこの虫のカップが大好きなんです。だから僕が行ったときはこれでお茶を出してもらってます。嬉しい。今年のファーストフラッシュも随時販売開始していくので、またお知らせしますねーー。











昨日、北海道から帰ってきました。今朝起きたら何故か筋肉痛でした・・・。ここ数日、北海道の話が続いていますね。だって昨日まで北海道に行ってたんだもん。

じつは僕、こんな顔をしながら案外シャレオツな飲食店が大好きだったりします。

taicho.png

北海道でこんな顔をした人がお洒落なカフェとかにいたら、それは間違いなく僕です。シャレオツなお店に僕が一人でいる場合は勇気をふりしぼって入店していますので、見かけた場合は勇気を出して声をかけていただけるとすごく喜びます。

そんなシャレオツなお店にうるさいと評判の僕が、函館に滞在したときに行ったお店を今日はご紹介したいと思います。道南で何店舗かご紹介したいお店があるんですが、出し惜しみしながら書きます(笑)

haruhime.JPG

まず1件目はこちら。ハルジョオンヒメジョオン。通称「ハルヒメ」。有名店です。もう外観からして洒落てます。土蔵ですよ。なんか函館ってこういう感じのお店が多い気がする。金森赤レンガ倉庫とかもかっこいいし。

haruhime1.JPG

土蔵を改装した店内はこんな感じになっていて、ゆったりとくつろげます。あえて自分の好みを言うなら窓が欲しい。けど窓をつけたら外観が土蔵っぽくなくなるもんね。

あ、すごく良かった点があって、開店と同時に行ったわけですが好きなテーブルを選ばせてもらえました。普通だったら人数に合わせたテーブルを店員さんが指定してきますよね。そんなことはされず、広いテーブル席を選んでも文句言われなかったです。めっちゃ混んでたらそういうわけにもいかないのかも?ですけど。

で、オッシャレーなランチセットがこちら。けっこうボリュームがあって、でも美味しくて。ドリンクとサラダとスープがついていくらだったっけ・・・??僕の記憶が正しければすごく良心的なお値段です。

haruhime2.JPG

ここのお店は女子率が非常に高くて、僕が行った時も男性といえばスーツでけっこう怖い顔をしたオジサンが奥さんなのか彼女なのか会社の部下なのかと来ていたぐらいでした。女子が多すぎたのか何でか知らんけど、そのおじさん、めっちゃいかつい顔でパスタ食べてたからね。

パスタは優しい顔で食べてください。まわりの人がおびえますから。












郷に入れば郷に従え。

その土地やその環境に入ったならば、そこでの習慣ややり方に従うのが賢い生き方である

食の宝庫、北海道に行ったなら今が旬のものを食べるのが賢い生き方であります。そして今のシーズン、北海道に行きますと「うに丼」が食べられるのであります。ということで僕、その土地の習慣に従って「うに丼」を食べてまいりました。ただの自慢です。ありがとうございます。

IMG_3911.JPG

殻を剥きたての生うにがどっさり。甘くて美味しいの。うふ。

ウニ丼に使っているウニは松前さくら漁協の塩水生うに。殻を剥いてしまったウニは塩水につけて冷蔵保存しても約5日が限界。なので北海道でもその辺のスーパーでは中々手に入りません。


食べたお店はこちら。

IMG_3910.JPG

松前に行ったときには、定休日じゃない限り必ず食べに連れて行ってもらっているお店「浦里」。ランチタイムは座敷も満席です。いつ食べに来ても新鮮な魚介類を出してくれます。








五稜郭公園の藤棚


少し息抜きをしに五稜郭公園にやってきました。桜は咲いていませんが藤棚がとてもキレイでいい香りがしていました。

IMG_3918.JPG

IMG_3920.JPG




なぜか来たくなる町。北海道松前町。


年に3回は来てしまいたくなる町、松前。3ヶ月ぶりに訪れました。やっぱりいい町です^^訪れた回数だけ好きになってる。なんでやろ?やっぱりこの人がいるからかな?

IMG_3885.JPG

出会ってすぐに番宣。

5月29日、朝8時15分からNHKで全国放送です。松前町の魅力をラビット飯田さんがこれでもかってぐらいお伝えしてくれるそうです。皆さん録画よろしくお願いしますm(_ _)m

さてさて。この時期、松前に来たなら確実に食べておきたいのが幻の海苔とも言われる天然岩海苔で作った海苔だんだん。味噌汁には「ふのり」多めがおススメ。松前のお店は顔を覚えてもらえるようになると、メニューに載ってない食べ物でも頼んで在庫があれば出してくれます。素敵すぎでしょ。もうね、行きたいお店がいくつもあるのに胃袋はひとつ。どこのお店で何を食べるか迷うんですよ。

この写真。岩海苔弁当とふのりの味噌汁が僕のお気に入りの組み合わせです。

IMG_3886.JPG

醤油をかけて海苔がフニャフニャになるまで蒸らして食べるのが美味しい。岩海苔がおいしいからゴハンが冷めてから食べてもうまい。

IMG_3887.JPG

I LOVE ふのり味噌汁。


今日は昼、夜と岩海苔だんだんを食べてしまって・・・もうお腹いっぱい・・・。夜は岩海苔に合う現在開発中の秘伝の醤油と一緒に。

IMG_3891.JPG

そういえば今年は数が少なくて売り切ればっかりだった岩海苔(春海苔)が、ちょっとだけ復活しました。もうシーズン的にも今年最後の岩海苔なので、まだ食べてないよー。もう一回食べたいよー!という方は今のうちにどうぞ。

そしてそして。もし今、松前に来るなら岩海苔・やりいか・生うにがおススメです。あぁぁー、生うには必ず食べて帰るぞー!















はるばる行くで。松前。


大変長らくお待たせいたしましたが、昨日の午前中に弊社で運営している北前船松前のコンビニ決済が無事に復活いたしまして、以前と同じように利用していただけるようになりました。

それに合わせて僕は北海道に来ております。ただいま殻付きウニ、塩水生うにのシーズンですよ。松前町のウニを生で食べられるのはお盆前までですよ~。

namauni011.png

北海道松前町といえば、

1、北海道唯一のお城があることで有名。
2、250種1万本の桜があるので桜の名所としても有名。
3、さくらまぐろというブランド本マグロでも有名。

なんですよ。ご存知でしたでしょうか?あまり知られていないかも・・・こういった情報や地元の人が行く美味しいお店などの情報も今後はお届けできればと思っています。


それでは函館から車で約2時間、いざ松前へ!のんびりと行ってきま〜す。








今年のはじめにバンコクでSIMフリーのiPhone4をゲットしました。とても便利だったのですが、そのiPhoneは僕のお母さんに日本で利用できるようにしてプレゼントしました。

よってうちの母親はガラケーとスマホの2台持ち。にもかかわらず月額費用は低価格になってしまうというハイブリッドな状態になっています。残念ながら全く使いこなせてはいないようですが・・・

今回は先日解約したばかりのドコモのwi-fiルーターをIIJmioのmicroSIMで利用できるかどうかにチャレンジしたいと思います。

L-09C.JPG

調べてみたところwi-fiルーターもSIMロック解除をして海外で利用できるらしく、僕が使っていたこのルーターもドコモでロック解除をしてもらえる対象機種になっていました。ラッキー。

ドコモに解約をしに行った時に窓口のお姉さんに「端末はこちらで処分いたしましょうか?」と提案された時に断っておいて正解でした。だってSIMカードが入ってるってことは海外で使えるじゃーん。そして国内でもね。

ネットで調べたところ、ドコモの契約を解除してもIIJmioはドコモの子会社だったかなんかで、端末にSIMロックがかかっていてもSIMカードを差替えると通信ができるようになるとのこと。

IIJmio.JPG

まずはロック解除の前に国内でもSIMカードを差替えるだけで通信ができるかどうかを確認します。そのために以前買っておいたIIJmioのmicroSIMを用意します。これはイオンで売ってます。月額945円~だったと思います。イオンで買う時は初期費用で3000円ぐらい必要でした。

ルーターの裏側のフタをはずしてバッテリーを抜き出すと、このようにSIMカードが入っています。

sim.JPG
(写真:左の長方形のカードが元々入っていたもの。右の小さいカードがIIJmioのSIMカード)

microSIMカードを差し込んでみますとカードの大きさが違うので、接触部分をうまく合わせてあげる必要があります。何回かトライしているうちにピタッと合わせることができました。

すると・・・

docomo3g.JPG

DOCOMO3Gの文字が出てきました。無事に設定できたようです。

近日中にドコモに持って行ってSIMロックを解除してもらいます。海外で使えるようになったかどうかは、また行ってから書きますねー。











半年に1回ぐらいの頻度で西沢さんのとっておきのお店に一緒に食べに行くという活動をしています。先日一緒に食べに行ったお店が天満橋にある「もつ鍋みやわき」さん。

僕の知り合いで外国暮らしをされている方が、日本に戻って来た時に「もつ鍋」が食べたいと言われ、その時に西沢さんに教えてもらったお店です。だからお店に食べに来るのは今回で2度目。

でも前回は相手のペースで食べたので、あまり食べた気がしなかったの。早く食べに行きたいな~と思いつつ1年ぐらい経っていました。

IMG_3848.JPG
(写真:酢モツ)


IMG_3849.JPG
(写真:にわか焼き)

この↑にわか焼き。これが食べたかったんです。僕的にはビールとこれだけで大満足できる。ああ~このプルンプルンの脂、体に悪いんやろな~って思いながらもウマいから食べてしまう。

ホルモンLOVE。


で、この後さらに西沢さん行きつけのカラオケスナックに。男3人でカラオケスナックって・・・。そして誰も歌わないんだ、これが。

IMG_38512.jpg


今日書いた内容ってホンマどうでもいいわ~。バイバーイ!


pig.jpg
(絵:豚と岡)








バカ売れ販促ワザ400


昨日から中山マコトさんの新刊、バカ売れ販促ワザ400のキャンペーンがはじまりました。キャンペーンの内容は僕の下手な説明を聞くより、こちらのページを見ていただくほうがわかりやすいと思います。今日はですね、僕がそのページを見てすごく気になった部分というか、そう考えれば良かったのか!という、まさに腑に落ちた箇所があったのでそのお話です。

bakaure400.png

本を書く人と知り合っていると不定期でやってくる行事があります。それが新刊発売の時のキャンペーン。最近だとアマゾンキャンペーンだったりですかね。アマゾンキャンペーン自体がもう通用しなくなっているようではありますが・・・。ま、キャンペーンの話は置いといて。

今、本って1年間で何万冊も出版されていて、目を閉じて歩いても著者さんに知り合っちゃうような時代とか言われてるみたいで、瞳を閉じて平井堅になりきって歩いていると、それはもう様々な著者さんに出会うことがあります。

僕も最近までわかってなかったのですが、著者さんって本が売れて欲しいって思っている人たちなんですよ。僕はそんなこと全然知らなくて、本って本屋に並んでいたら自動的にめちゃくちゃ売れるって思ってたわけです。夢の印税生活サイコーやんけ!って思ってました。(もちろん印税生活サイコーの人もいますよ。)

ところが、どうもそうじゃないぞってことに気づいたのがここ2~3年(気付くの遅いよね。ごめん。)


そんなことだから、本が出ることになると、僕の場合はだいたいこの3パターンの人たちが出現する。

①「今度新しい本が出るんですよ。」←ただの告知だけの人と、買ってくれって下心が混じっている人がいるパターン。興味があれば買うかも・・・?

②「今度本が出るのでキャンペーンやります。協力お願いします。」←ある程度、人間関係ができている人からの依頼なので1冊もしくは気持ちによっては数冊買って応援もきっちりやるパターン。

③「今度本を出すときにキャンペーンやるからキャンペーン中に何冊買える?」←人間関係が深すぎて自分が下僕モードのパターン。キツイ年貢と同じ。


でね。随分前置きが長くなったのですが、僕は中山マコトさんの本を何冊か持ってます。今回新しく出る本に収録されている分も持ってたりします。だからある意味、今回の本は買わなくてもいいんですよ。でもね、これが中山マコトさんを流石って感じるいろんな人に気を配られている部分だと思うのですが、そんな僕の気持ちを知っているかのようなメッセージが書いてありました。

bakaure400a.png

あ、そっか。僕がこの人ならって思う人に買ってプレゼントすればいいんだ。なーんだ。そう考えたらすでに持ってる内容の本を買っても無駄にならないわ。買う買うーー♪♪


ハッヽ(゚Д゚;)ノ まさかこんな手法が400個も!


・・・書いてあるかどうかは読んでからのお楽しみですが、僕にもさきほど最高のバカ売れキャッチコピーが降ってきましたよ(笑)

















水出しのほうじ茶がおいしい・・・あっ!


春ですね。暖かくなってきて半袖で過ごすと気持ちいい気候です。さて、もうすぐ新茶のシーズン。暖かい季節でも熱いお茶を体が欲するようになってきたことに少し老いを感じる今日この頃です。昔は冷たい飲み物しか飲まなかったのにね。年々あったかい飲み物比率が上がっていますよ・・・orz

今日は水出しのほうじ茶について。

mizudashi.png

写真は竹西農園の竹西さん。日本茶インストラクターでもあります。エッヘン。

お茶って渋み、苦み、甘味、旨味、そして香りで考えるとわかりやすくて、舌で感じ取れるのは渋み、苦み、甘味、旨味です。

高温でお茶をいれると渋みと苦みが出て、低温でいれると甘味と旨味がよく引き出されます。←ここ重要。だから茶葉によっておいしく飲むための温度や時間のレシピが異なります。同じ茶葉でもどういう場面で飲むかによってはいれる温度が変わったり。

湯加減と抽出時間で味や香りの変化を楽しむことができるのがお茶。


で、最初に書いた水出しのほうじ茶の話に戻ると、水出しっていうのは温度で考えると低温になります。なので甘味と旨味が引き出されやすい。沸騰したお湯に茶葉を入れて後から冷やす場合より旨く甘く飲んでもらえるんですよ。

ってことをふまえて竹西さんの動画でほうじ茶の水出しについてお伝えしますから、この動画を見てくださいね^^


みんなで「あっ!」ってなりましょう。













「THE お客様の声」


今日はですね、お客様の声が届いたのでご紹介をしたいと思います。北海道さんだかん燻製工房のハム・ソーセージを買ってもらった方からです。

top-photo1.JPG

ココから---

市販の加工肉の裏側を見ると、「食品」とは思えないような添加物の山。気持ち悪い・・・。

ようやくめぐりあえた、貴工房のソーセージ・ベーコン・ハムに心底感動しほれ込みました。アトピー、アレルギーを持っている我が家では、まっとうな食材を選ぶことが基本中の基本です。息子は本能的に感じるところもあるのか、「さんだかんのよ」と言わなくてもものすごいがっつきぶりです。料理人の夫も「うー・・・(沈思黙考)うまい!肉そのものの旨味がじわーっとくるね!」と感動しています。うれしいです、ありがたいです、感動です。

私の在庫管理の不注意から、ソーセージ達を切らしております(涙)いつ、とは特に指定をいたしませんが、可能な限り早くお届けいただけますと嬉しいです。なにとぞ、よろしくお願いいたします!

ココまで---


「うー・・・(沈思黙考)嬉しい!」

O様、本当にありがとうございますm(_ _)m

私たち褒められるとさらに頑張れます。あ、実際作っているのは僕じゃないのですが、気持ちの中では常にこんな感じですし、実際に作っている工房のスタッフも本当に喜んでいます。

food.png


こうやってお客様が食卓で喜んでいただいている感じがぼんやりとでもイメージできる瞬間が本当に嬉しいです。もっと頑張ろうって思える瞬間ですね^^

O様、今後とも北海道さんだかん燻製工房をどうぞよろしくお願いいたします。





華麗なるカレーを究める。


こんにちは。華麗なる一族、万俵鉄平です。阪神特殊製鋼専務で愛車はクラウン。好きな食べ物はカレーです。

kareinarucurry.JPG

ランチでよく行く、本当にヘビーローテーションで利用しているカレー屋さんがあります。けっこう人気のお店でランチの時間帯は満席で入れなかったりすることもしばしば。写真は僕が注文する率70%のチキンカツカレー。おススメの食べ方はゴハンを白米じゃなく玄米にします。

nagomiyacurry.jpg

このブログを書いている今日もランチはカレーにすると決めています。

もともとカレーが美味しいなと思って頻繁に通い出したお店だったのですが、通っている最中にある問題に気付きました。なんとなく、いや確実にゴハンに対してルーが少ない。だからゴハンが残るんですよ。

ある日、注文を聞きにきてくれたお姉さんにお願いしました。「気持ちルー多めでお願いします」と。そしたらその日からは通うたびにちょっとだけルーを多めに入れてくれるようになりました。たまにはルー多過ぎるやろってぐらい注がれている日もあるぐらい。こういうの嬉しいですよね。だからさらに通う頻度が上がりました。

ところが最近ルーのことを忘れられている日が多いような気が・・・それは忙しいから?


それとも通う頻度が減ったからなのーーー??











蚊取りボトルでこの夏を乗り切れるか挑戦!


この前フェイスブックか何かに流れてきた「ペットボトルで簡単にできる「蚊取りボトル」がスゴイ!」という記事。毎年、蚊に悩まされているうちのお店?事務所?でも試してみることにしました。

とにかく春から夏にかけての時期は人通りも少なく(人通りが少ないのは年中だw)快適なのでオープンエアーな環境で仕事をしています。

miyanomaedori.JPG

正面に猪名野神社という平安時代からあるらしい由緒ある?神社があり、石畳の通りは本当にほのぼのしてる^^だから春から夏にかけては快適すぎて仕事にならない・・・こともあったりなかったり・・・。

さて、そんな場所ですがやはり日本の夏といえば「蚊」。デスクワークをする場合に集中の妨げになるのが、あのプーンという羽音と刺されてからの痒み。窓を全開で仕事をしているとすごい数の蚊が入ってきてしまうのです。

正直、蚊取り線香は全く役に立ちません。

そんな時に見つけたのが冒頭に紹介した記事です。これは試さなくては!!ってことで早速、近所のスーパーに「きび砂糖」と「ドライイースト」を買いに行き、まずは記事にあるように蚊取りボトルを作ってみました。

katoribottle1.JPG

別の容器で「水」と「きび砂糖」と「ドライイースト」を混ぜます。

katoribottle2.JPG

よくかき混ぜた後、あらかじめ用意しておいた蚊取りボトルに液体を流し込んで完成です。

katoribottle3.JPG

ひとつ心配があるとするなら、水と砂糖とイーストの配合割合が適当ってところ。ちゃんと二酸化炭素を発生させてくれるのだろうか?そして、この蚊取りボトルより自分達のほうが二酸化炭素を発生させていたりしないのだろうかということ。

ビールの飲み過ぎ注意です。

蚊取りボトルで今年の夏は蚊に悩まされずに過ごせることを祈りたいと思います。結果はまたブログでお知らせしますねーー!!












幻の黄色いさくらんぼ。月山錦。


少し気の早い話ですが、北海道では7月初旬といえば「さくらんぼ」の出荷時期です。収穫できる期間がめちゃくちゃ短いので、あっというまに販売終了になってしまうことでも有名です(有名かな?)。

佐藤錦はすでに名前も有名ですから多くの人が知っているとは思います。それでは黄色いさくらんぼはご存知でしょうか?知っている人は少ないはず。今年は佐藤錦はもちろんのこと、幻の黄色いさくらんぼと呼ばれる月山錦も通販でお届けしていきます。

gassannishiki.JPG

これ。月山錦です。珍しいです。食べてみたいでしょ。夏だけですからね。食べられるのは^^

さらに、佐藤錦、月山錦だけではなく、紅秀峰、紅手毬、南陽と計5種類のさくらんぼを北海道からお届けします。無事に収穫できればね。


昨年は本当に異常気象で、果物は不作でした。果物に限らず海の幸にも影響がありました(涙)そんな昨年に比べて今年はいい感じらしいので、僕としてはとても期待しています。一人でも多くの人にお届けできればなぁと思っています。

そろそろ収穫できそうだな~という頃に、予約販売のような形で販売をスタートさせる予定です。また詳しく決まったらこのブログでもご報告しますね。とりあえず今はまだ販売準備中です。

お楽しみにーーー!!










昨年からほのぼの本舗で販売させていただいている国産の天然ハチミツ。今年も青森県のりんご畑でりんごの花の採蜜が始まっています。

ringobatake.jpg

弊社で販売しているハチミツは転地養蜂といって、花の開花時期に合わせて採蜜する場所を移動していきます。今のところ一番最初に蜜を採りはじめるのがリンゴ。当たり前かもしれませんが、リンゴのハチミツは本当にリンゴの甘酸っぱい香りがするんですよ。

昨年の今頃は僕も青森県に行ってました。養蜂の現場を見せてもらうために。蜂の巣箱がたくさん並んでいて、自分のまわりに数えられないぐらいのミツバチがブンブン飛び回っている環境。そんな状況ってなかなか経験できない、というか生まれて初めてのこと。ありがたいことに貴重な経験をさせてもらっています。こんな格好で。

honey.png


僕は運良く刺されることはありませんでしたが、ミツバチの機嫌が悪い日だとガンガン攻撃をしてくるそうです。


いつか近い将来、ほのぼの本舗とお取り引きをさせてもらっている生産者さんの仕事現場に社会見学ツアーとかできたら楽しいなぁなんて考えたりもしています(ま、希望があればですけどね)

今年も引き続き「良い蜂を育て、良質の蜜を食卓へ」を合言葉に美味しいハチミツをお届けしていきますよ!!












昨年末から今年にかけて、ちょこっと海外に行ったりしてます。アジアばっかりだけど。アジア圏だとだいたいどこへ行くのも直行便だと最大6時間ぐらいですか?経由する場合でも6時間ぐらいで乗り継ぎなのかなと思いますが、エコノミーの座席って長時間座っているとめちゃくちゃ疲れますよね。

なぜそういうことを言うかというと、僕はこれまでビジネスクラスとかファーストクラスには乗ったことがないから・・・(早く乗れるようになりたい)。

pic_a380_01.jpg

ですがエコノミーの座席でも6時間ぐらいのフライトなら楽に過ごせる座席がありますよね。ご存じだと思いますが、それが非常口のところ。非常口があるから前に座席がなくて全開で足をのばすことができます。ちなみに非常口の前にある座席はリクライニングとかできない場合がありますからご注意を。

で、どうせエコノミーで行くなら、せめてその非常口横の座席を確保することができれば長時間のフライトでも普通のエコノミーよりはダメージが少なくてすみます。っていうか、もしかしたらすごい快適。外の景色は楽しめませんけどね。

そんな空の旅を可能にするための超初心者向けの英語が「Can I have exit row」なのです。とにかくエコノミーでの旅は exit row の確保が重要です。


ああ、でもここまで書いてきて思い出しました。非常口の座席は緊急時のお手伝いができることが条件になりますよね。だから国際線だと英語ができることが条件だった気がする・・・。ゴメンナサイ。


でもトライする価値はありますよ。だってめっちゃ快適なんですもん。








この1カ月ぐらいお昼ご飯は、かつ丼かカレーライスしか食べていないような気がします。じつは、弊社の隣にはうどん屋さんがあります。「たかやす」さんって言うお店で1年前か2年前にできました。店名はお相撲さんの名前だったかな?違うかもですが。

ところで。自分だけのメニューがあるお店って、なんか特別扱いされている気分がして、ついつい行ってしまうってことありませんか?僕は今まさにそんなお店がお隣のうどん屋さんなんです。

ま、メニューってほどのものじゃないかもですが、僕が最近頼んでいるセットがこれ。

katsudon1.JPG

ただのカツ丼のセット。かと思いきや、よーく見てみると・・・

miniudon.JPG

じつは特別メニューはカツ丼のほうじゃなくて、こっち。みんな間違うけど、ほうじ茶じゃないからね。これはミニうどんのうどん抜き。だからなんて言うんだろ?汁?そして、この汁にトッピングするのがこちら。

negi.JPG

蒲鉾とネギ。なぜか今日はネギが少なく見えるけど、ネギはけっこう大盛り。それをサラサラっとさきほどの汁に入れる。

negisui.JPG

仕上がりはこんな感じ。30代も中盤になってくると、ランチに丼とうどんのセットはボリュームがあり過ぎて仕事に支障をきたします。でも汁物はちょっと欲しい。そこでお願いしたのがこれ。いつも一緒に食べに行くメンバーと、この汁はなんてネーミングがいいかなって話になってます。ちなみに肉うどんのうどん抜きを肉吸いって言うでしょ。だから僕が頼むこの汁はネギがたっぷりだからネギ吸いかなって思ってます。

このお隣のうどん屋さん、じつはセットでつけるミニうどんの量が選べる。オープン当時は無料で半玉から8玉まで選択できました。8玉ってミニうどんの量じゃないからね。食べきれませんよ。で、今は最大3玉まで無料でアップグレードできるの。8玉から3玉になったからちょっと残念な気もするけど、僕は2玉以上頼んだことがないから全然困りません。最近は0玉やし(笑)

今日はネギ吸い自慢をしたかったわけじゃなくて(ちょっと自慢したけど)、こうやって特別扱いっぽい感じをされると、ついつい通ってしまいますよね。やっぱ特別扱い大事やわ。この調子で「ほのぼのセット」とか作ってくれへんかな?万が一作ってもらえたら必ず報告しますねw


ほのぼの本舗にお越しの際は、ぜひ一緒に「ネギ吸い」を食べに、いや飲みにいきましょう。











言葉が通じない海外旅行って楽しいですね。困ることも多いけど。先月に行った中国の話です。広州に行くならついでに観光もしたいと思って下調べをしていた時にみつけた場所、それが沙面島でした。

samentou.JPG
写真はwikipediaから

沙面島(さめんとう)とは、中華人民共和国の広州にある人工島。イギリス、フランスの両国が居留地建設の為に起工し、1862年(同治元年)に竣工した。 旧広州城外西関の南方、珠江に面する岸の一部を、運河開削を通じて陸から切り離した。かつて島の西部をイギリスが、東部をフランスが租界に設定しており、列強国の領事館や企業が多数進出していた。 島の中央を東西に横切るように沙面大街が走っており、北に沙面北街・南に沙面大街が平行して走っている。かつては、「イギリス橋」「フランス橋」と称された二本の橋だけが沙面島と岸を結ぶルートだったが、現在はいくつかの橋が増築された。島の南に広がるのが沙面公園である。wikipediaより


西欧風建物が立ち並んでいて独特の雰囲気。ここは人工の島なので歩いて見て回れる大きさ。僕はとにかくこの沙面島に行って中国なのに中国っぽくない雰囲気を味わいながらお酒が飲みたかったのです。


なぜなら僕が実際に行って見ている中国ってこんな感じ。

guanzhouphoto.JPG

「え?大丈夫?声かけたほうがいいですか?」

この人たち片側3車線ぐらいの道路を平気で逆走とかしちゃうし、バスとかにも平気で突っ込んで行くし。2回中国に来て毎回こういう感じ。それはそれでおもしろいけど今回はこういう雰囲気じゃないところ行きたいなって思ってたわけです。


そういうわけでネットで下調べをして沙面島に行ってみました。島内をうろうろしていると沙面公園に感じのよいレストランバー?があったので入ってみることに。こういうお店の感じ好きなんですよ。

samentoubar.JPG

やっぱりお酒は外で飲んだほうが美味しいでしょ。とりあえずビールとか食べ物とか適当に頼む。たぶん外国人旅行者向けのお店だったようで地元料理というよりは日本でも普通に食べているようなものがメニューには並んでいました。

このお店に5時間ぐらい居座ることになったわけですが、お酒が進むにつれてビールからワインへと移行しまして。ワイン頼むんだったらチーズでしょって話になり。お店のメニューにはチーズは載ってなかったけど、店員さんに聞くとチェダーチーズがあると言う。量はどうするんだ?とか聞かれるが1人前の量がわからないから適当に2人分になればいいよってことで。

「じゃあ、それ持ってきて」って頼んで待つこと数分。出てきたチェダーチーズがこれ。

cheese.JPG

「そうなんや・・・味知ってるわ・・・」

持ってきたウェイトレスのお姉さん、ここではこれをチェダーチーズって言うのよ!の一点張り。うん。。。まあええねんけど。

もし誰かこのお店に行くことがあったら、よければチーズを頼んでみてもらえますか?次はどんなチーズが出てくるのか、とても知りたいです。


ほんで結局このチーズ、一体いくらやったんやろ・・・。







これまでの僕は「出来る」か「出来ない」かではなく、「やる」か「やらないか」のどちらかしかないと教えられていて、何か決断や選択を迫られたときはこの言葉に基づいて判断していました。ところがこの前、もっと良い言葉というか考え方を教えてもらいました。それが・・・


「出来る」か「出来ない」かではなく、「やりたい」か「やりたくないか」。


どーん.jpg

僕の場合、やるか?やらないか?で判断している時、やらないを選択すると自分に負けたみたいな気持になっていて、やるを選択してもすごいイヤイヤやってることが多々あったわけですが、やりたいか?やりたくないか?で考えるとすごく心がラク。

やりたい時はやったらいいし、やりたくないなって感じた時はやらなければいい。そしてそうすることによって、やりたくてやってることにはものすごく力を発揮できるようになっています。


やりたいか?やりたくないか?


ホントおススメ。











この前、函館に行ってました。そしてまた今月も函館に行きます。じつは去年の秋頃、函館で出会った人のおかげで函館が北海道で一番好きじゃなくなっていた時期があります。が、最近、またある人のおかげで函館が大好きになっています。人の心はコロコロ心です。ハハハ。

皆さんはどうか知りませんが、僕は行く先々の土地を好きになるかどうかは出会った人によるところが大きいなと思っています。それは海外でも同じ。


さて函館と言えば何を想像されますか?函館山?五稜郭?朝市?いろいろ想像できると思いますが、今日は人気のお土産、アンジェリックヴォヤージュのショコラヴォヤージュのことを書いてみたいと思います。

ショコラヴォヤージュ

人気のお土産と書きましたが、ショコラヴォヤージュは冷凍商品なので函館で買って飛行機に乗るとかは無理だと思われます。お店で送ってもらいましょう。僕のところにも函館から届きました。ありがとうございます^^

箱をあけると・・・

ショコラヴォヤージュ2

「ドキドキーーーーーッ!!ラブレターかと思った!」

え?手書き?箱の中に直接?送り主だれ?

うん。まあそんなわけはないんやけど。めっちゃ男の名前入ってるし。でも、ちょっとびっくりする(笑)


ショコラヴォヤージュ3


中身はこんな感じで入ってます。冷凍なので最初はカチカチ。カチカチの状態で食べても美味しい。あえて中身がどんなことになってるかは書きませんよ。それはやっぱり届いた時のお楽しみね。


ほんでだ。

これねー、溶けてユルユルって言うか、柔らかくなったときに食べるとね衝撃。もうそれは言葉では書けないっていうか、単に僕が表現する言葉を知らないだけなんやけども。

僕はこういう商品に出会った時、さあ、これを誰に贈ろう?っていつも考えてしまう。この衝撃を味わってもらいたい。その衝撃を感じて共感してもらえる人は誰だろうと考える。。。(あ、ほのぼの本舗で扱っていませんよ。念のため)

そうやってあの人がいいかな~、やっぱりあの人かな~って想像してる時間が好きだったりします。


美味しい物を大切な誰かに届けるのって楽しい。めっちゃ独特な味の食べ物を届けるのもオモシロイけど(こういうのは大体男の人に届くw)そうやって笑って楽しめたらサイコー。


で、話を戻すと(どこに?)、函館に行ってお土産に悩んだら、ぜひこのショコラヴォヤージュを送りましょう。そして送ってもらうためにお店に買いに行くことになるわけですが、そこでは賞味期限30分のクレープを食べてください。

すっごい美味しいから。函館旅行で彼女とか連れて行ってあげたら喜ぶんじゃないかな~。「えっ!賞味期限30分のクレープって何?えっ!美味しい」みたいな(笑)


あーーーー、けっこう使えるデートコース教えちゃったかも。って僕も教えてもらったんやけどw










殻付きウニの販売を始めました!



昨年に引き続き北海道から直送の殻付きウニ(生)の販売をはじめています。

殻付きウニ

販売はしているのですが、ただいま大変ご不便をおかけしている状態になっておりまして・・・それは何かというと・・・

現在コンビニ払いが利用できません。。。

本当に申し訳ありませんm(_ _)m早ければ来週中にはコンビニ払いが復活しますので、もうしばらくお待ちいただければ幸いです。「銀行振込でも全然オッケー!早く届いて欲しいから」という方は、今すぐご注文をいただければ嬉しいです(笑)

今年もこんな感じで漁頑張ってます。って僕が漁をしているわけではないのですが・・・

matsumae.png


ところで殻付きウニって食べたことありますか?ウニをパカってあけてスプーンですくって食べるアレです。

ウニってスーパーで木の板の上にキレイに並べられているのとか、お寿司屋さんで軍艦になってるやつとか、あとは瓶詰めになっているやつとかはよく見かけますよね。ミョウバンとか入っている苦いやつね。でも、そんな感じじゃなくて海から獲ってきたそのままって、食べたことある人って少ないと思います。だから殻付きでお届けするとすごく喜ばれます。すごく。なんとなく想像していただけるでしょうか?

そして殻の処理が大変だったという感想もいただきます(笑)でも新鮮な殻付きウニを食べられたことの喜びのほうが大きいので、殻の処理でクレームになったことはありません。殻の処理が大変でも、やっぱりまた注文してしまう・・・みたいな^^

ちなみにこの記事の写真は、七輪の上で焼きウニをやってます。半生をホクホクで食べるのも美味しいです。


松前のウニを新鮮な生の状態で食べられる期間は、だいたいここ3カ月ぐらいです。その期間内でウニがいなくなっちゃったらオシマイです。また来年ってなりますから、まだ殻付きウニを経験されていないアナタ。ぜひぜひお友達やご家族で体験してみてください。

いろんな意味で記憶に残りますよ。








女性に喜ばれる「みかん」があります。



男の人にも女の人にもぜひとも知っておいてもらいたい「みかん」があります。あ、みかんの通販も始めました。今日は和歌山県のみかん農家さんの「みかん」の話です。


デコポン(不知火)
写真はデコポンです。

いつも仲良くしていただいている西沢さんから、「食べた時に砂糖が入ってるのかと思ったぐらい甘いみかんを作る人がいる」という感じのご紹介がありまして、ありがたいことにほのぼの本舗で通販をさせてもらうことになりました。

みかん山


こちらで栽培されているみかん。弊社がいつもお世話になっている方々へお送りしましたところ、今のところ100%の確率で女性のハートをがっちりと掴むことに成功しています。とにかく皆さん、その甘さに驚かれるのです。

現在11種類の柑橘を栽培されていて、その中でも11月中旬に登場する「完熟ゆら早生みかん」はマジでヤバいです。でも食べて反応がいいのは女性に送った場合ですよ。そもそも男の人ってフルーツ食べない人多いですよね。自分で食べないから奥さんや子供にあげたり、会社の女性にあげたり。


で!ここからが重要なんですけど。

例えば。お世話になっている社長にどうやって喜んでもらおうかなって考えると中々むずかしかったりするんですが、とっても簡単な方法があるんですよ。それは、社長の奥さんを喜ばせることです(愛妻家の社長限定ですけどね)。

いつもお世話になっている社長の奥さんとかにサプライズでみかんを送ってみます。じつは僕もお世話になっている社長にみかんを送ったところ、奥様に大変喜ばれて早速もう1箱送って欲しいという嬉しい連絡をいただきました。


やっぱり美味しいものって喜ばれるんですよね~。特に女性に。


だからですね。女性に喜んでもらうアイテムを探されている場合は、こちらの「みかん」がとってもいい仕事してくれますよって話でした。







このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。