蚊取りボトルでこの夏を乗り切れるか挑戦!


この前フェイスブックか何かに流れてきた「ペットボトルで簡単にできる「蚊取りボトル」がスゴイ!」という記事。毎年、蚊に悩まされているうちのお店?事務所?でも試してみることにしました。

とにかく春から夏にかけての時期は人通りも少なく(人通りが少ないのは年中だw)快適なのでオープンエアーな環境で仕事をしています。

miyanomaedori.JPG

正面に猪名野神社という平安時代からあるらしい由緒ある?神社があり、石畳の通りは本当にほのぼのしてる^^だから春から夏にかけては快適すぎて仕事にならない・・・こともあったりなかったり・・・。

さて、そんな場所ですがやはり日本の夏といえば「蚊」。デスクワークをする場合に集中の妨げになるのが、あのプーンという羽音と刺されてからの痒み。窓を全開で仕事をしているとすごい数の蚊が入ってきてしまうのです。

正直、蚊取り線香は全く役に立ちません。

そんな時に見つけたのが冒頭に紹介した記事です。これは試さなくては!!ってことで早速、近所のスーパーに「きび砂糖」と「ドライイースト」を買いに行き、まずは記事にあるように蚊取りボトルを作ってみました。

katoribottle1.JPG

別の容器で「水」と「きび砂糖」と「ドライイースト」を混ぜます。

katoribottle2.JPG

よくかき混ぜた後、あらかじめ用意しておいた蚊取りボトルに液体を流し込んで完成です。

katoribottle3.JPG

ひとつ心配があるとするなら、水と砂糖とイーストの配合割合が適当ってところ。ちゃんと二酸化炭素を発生させてくれるのだろうか?そして、この蚊取りボトルより自分達のほうが二酸化炭素を発生させていたりしないのだろうかということ。

ビールの飲み過ぎ注意です。

蚊取りボトルで今年の夏は蚊に悩まされずに過ごせることを祈りたいと思います。結果はまたブログでお知らせしますねーー!!













このブログ記事について

このページは、馬塲祐典が2014年5月14日 17:15に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「幻の黄色いさくらんぼ。月山錦。」です。

次のブログ記事は「華麗なるカレーを究める。」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。