2014年11月アーカイブ


本日から京かまぼこ茨木屋さんではお歳暮の受付けがはじまりました。創業からすでに140年以上続いている京かまぼこの老舗ですから、毎年茨木屋さんの蒲鉾を贈られる方がたくさんいらっしゃいます。何代も続く老舗蒲鉾屋。すごいですよね。

2014-oseibo.png


このお歳暮用ギフトの中でも特に人気なのが300セット限定の「寿ぎの彩り」。お正月の食卓にはかかせない定番のかまぼこの詰め合わせです。


osyogatu-top.jpg


僕がかまぼこを食べる時というのは、だいたい僕の父親とお酒を飲んでいる時です。おなかいっぱいになっているのですが、ついつい酒の肴にちょちょいとつまめる蒲鉾が美味しいんですよね~(^^)さらに言うと、色とりどりの蒲鉾は子ども達にも人気で、知らないうちになくなっていることが多々あります。手でつまんで食べられるっていうのが子どもにはうけるのでしょうか?

ついつい自分の話ばかりしてしまいましたが、本日からお歳暮の受付けを始めています。皆様からのご注文をお待ちしておりますーーー。











はじめまして。オカヨウスケです。


今日は、ほとんど姿を見せない男として有名な(誰に?)、そして電話でいつも声を聞いていて身近な感じと言われることでも有名な(だから誰に?)弊社のオカヨウスケ氏をご紹介したいと思います。彼は先ほども書きましたが、人前にほとんど姿を現しません。ですから2年ほど前に100枚作った名刺もほとんど残っています。多くの人からネット上か電話でしか会えない人と思われているのではないでしょうか?

oka20141106.JPG

僕のブログではよく登場しますが、実際に"動く"岡を見たことがないという方が大半だと思います。彼はすごく丁寧な仕事ぶりでかつハードワークを愛する人なのですが、プライベートはちょっとだけネジがはずれてしまうことがあります。

oka20141106b.JPG

セクシーかっ!

仕事のときはすごくマジメっぽく見えるように、なんていうか、まあメガネなんかをかけてたりするわけです。

oka20141105.jpg
(写真右下がオカです)

昨日の打合せの時に撮ってもらった写真なんですが、この写真とか見ると、めちゃくちゃ真面目そうですよね。いや真面目なんですけどね。もうとにかくずーっとパソコンの前に座って仕事をしている職人のような人なんです。だから・・・

oka20141106c.JPG

うん。たいしてオモシロくないんです。ごめんなさいm(_ _)m












今日、北海道の新海養蜂場から新たなハチミツが届きました。

honey20141105.JPG

現在7種類を販売中ですが、さらに3種類増える予定です。ひとつは「栗(くり)」、もうひとつが「エンジュ」。そしてもうひとつが・・・

super20141105.JPG

「スーパー」・・・。ん???スーパーって何?何なのーーーーーーーー??

ってことで早速、新海さんにお電話。電話でお聞きしましたところスーパー林道のスーパーだよってことでした。。。なんでもスーパー林道の奥のほうで取れた蜜だからわかりやすいようにスーパーって呼んでいると・・・。そのスーパー林道が北海道のどこなのかは今のところ不明です。たぶん詳しく聞けば教えてもらえると思いますが・・・。

さて、スーパー林道ってご存知ですか?僕は今日初めてその言葉を知りまして、早速調べてみました。以下参考までに。

スーパー林道(スーパーりんどう)は、かつて日本で作られていた高規格林道。正式名称は、特定森林地域開発林道(とくていしんりんちいきかいはつりんどう)。1970年代以降に建設された大規模林道とは異なることに注意。1965年、森林開発公団が林業振興を目的に、未開発の森林地帯に高規格林道の建設を開始。1990年に奥鬼怒スーパー林道が完成するまで計23路線、総延長1,791kmが建設された。高規格といっても一般の林道と比べての話であり、幅員は二車線の幅(4.6m-5.0m程度)で未舗装の道路も多かった(現在も未舗装区間は存在する)。林業のほか観光客誘致など、地元からは地域振興の期待をこめて建設が進められたが、反面、脊梁山脈や国立公園を横断するルートも多かったことから、南アルプススーパー林道(長野県-山梨県)などを中心に各地で自然保護を目的とした激しい建設反対運動が行われ、自然破壊の典型例としてしばしば新聞紙面等をにぎわせた。林道は完成後、地元市町村等へ管理が移管されるため、建設が終了した現在、スーパー林道という枠で全体像を俯瞰することが困難である。元々、林道以外の目的も期待されて建設が推進されていたこともあり、市町村道から県道、部分的に国道へ昇格した道もあるほか、白山スーパー林道(岐阜県-石川県)のように有料観光道路化したものもある。一方で、使命を終えて事実上、管理が行われなくなった道(区間)も存在する。wikipediaより


で、このスーパーはちみつ。アザミやシナ、もしかするとちょっとソバも入っているかも?ということで、僕もこれから味見をするわけですが非常に楽しみです。そしてもうひとつビックリなハチミツがエンジュです。

エンジュのハチミツは10年に一度ぐらいの頻度でしか採れないらしく。そんなことを言って来年も取れるかもしれませんし、10年後も取れないかもしれませんが・・・。とにかく毎年エンジュの花は咲いてもハチミツが採れるぐらいは咲かなかったり蜜をださなかったりするそうで、本当に珍しいハチミツだそうです。ところが今年はエンジュの蜜がたくさん採れたとのことで、インターネットでも販売をしていきますからお楽しみに。

僕はこれから届いたハチミツの味見を楽しみたいと思います。今、伊丹のお店に遊びに来ていただければ味見できますよ~(笑)




無添加ナッツベリーソーセージ。新登場!


北海道さんだかん燻製工房。今年の9月に無添加カレーウインナーが登場したところですが、第二弾として「無添加ナッツベリーソーセージ」が新登場いたしました。

nutsberry1.JPG

えー、今回のソーセージには、な、なんと、ブルーベリーが使われております。上の写真に写る黒い斑点。あれがブルーベリー。さらに、食感にも楽しみをということで、数種類のナッツが入っています。このナッツがなかなか面白い歯触りなんです(笑)このナッツベリーソーセージ、すでに販売を開始していますので、こちらのページからお買い物していただけます。

さんだかん燻製工房のソーセージにはいくつか種類がありますが、フルーツやナッツを使ったソーセージは初めて。ですが今回のこのソーセージは工場長の自信作!!さんだかん燻製工房の商品をまだ食べたことがないという人はぜひこの機会に、またいつもお買い上げいただいているお客様は、工場長の自信作であるナッツベリーソーセージをぜひぜひお試しください。















函館のホテル・旅館


ほぼ毎月と言ってもいいぐらい北海道に行っていますと、宿泊回数もそれなりになってきます。毎回似たようなホテルに泊まっているのですが、それでも毎回同じということはなく数種類のホテルやら旅館に泊まっているので自分と誰かの参考になるよう書き留めていきます。とりあえず最近は函館エリアが多いので函館から。

hakodatedansyaku.JPG
(写真は函館男爵クラブの室内)


これまでに宿泊したことがあるホテル・旅館。


1、函館男爵倶楽部ホテル&リゾーツ

2、ラビスタ函館ベイ

3、湯の川プリンスホテル渚亭

4、湯の川温泉 平成館 海洋亭

5、湯の川観光ホテル 祥苑

6、函館グランドホテル(旧:チサングランド函館)

7、ホテルネッツ函館

8、コンフォートホテル函館

9、ホテル法華クラブ函館

10、ホテルリソル函館

11、ヴィラ・コンコルディア リゾート&スパ

12、函館大沼プリンスホテル


各ホテルごとの個人的な感想なども今後は書いていきます。また今月も函館に出張なのでこのホテルリストに新たなホテルが加わる予定です。函館エリアとは違いますが、札幌、深川、遠軽、松前なんかもそのうちリスト化して増やしていきます。いずれ海外もね(笑)出張中はいろんな食べ物を食べるのも楽しいですが、ホテルや旅館での滞在も楽しみのひとつですよね。












最近、函館でお気に入りのお店があります。と言ってもまだ2回しか行ったことがありません。でも雰囲気が好きで機会があればドンドン通いたいと思っているお店。それが五稜郭の近くにある「creative dish goen」さん。何系の料理とか僕は詳しくなくて説明できないのですが、ピザとかパスタとかサラダとか?があるお店です。ビールしか飲んだことがないけど、たぶんワインとかもあるはず。。。

goen2.JPG

なんかね。僕はこういう系の食べ物が好きなんでしょうね。

goen3.JPG

個人的に大好きなのがこれ。ゴルゴンゾーラのピザでハチミツをかけて食べる。ゴルゴンゾーラが嫌いな人には厳しいメニューかも?ですが、チーズの塩辛さとハチミツの甘さが絶妙でビールがすすむんですよね(笑)ワインとかも飲めるともっと美味しくいただけるかもしれませんが、僕はビールジョッキ2杯が適量なのでそれ以上飲むとしんどいの・・・(涙)

ここのお店は店員さんがすごく親切で、お店の中の照明も明るすぎなくてちょうど良い。椅子もクッションがあって長時間座ってられるし。食べ物もおいしいけど、僕の場合は味よりも店内環境重視派なので、函館に行ったときには時間があれば行きたいお店です。















コロンビアからのお客様。


いや~。10月はほとんどブログを書かなかった・・・。ま、思い出しながらボチボチ書いていきます。

さて今日はコロンビアからお客様が来ておりました。と言っても僕の直接の知り合いじゃありません。でも海外から客人が来ると妙にもてなしたくなるのはなんでなんだろうね?ということでランチは早速「お好み焼き」。

kamilo-nonkiya.JPG
あ、僕の正面に写っている人はタイからのお客様(笑)

コロンビア出身の彼(上の写真左奥)は世界中を飛び回っている研究者っていうか、たぶん博士で被災地なんかで活躍するロボットの研究をしているらしい。めちゃめちゃ興味がある分野だから聞きたいことは山ほどあるのに、僕は全く英語ができない(涙)誰かに通訳してもらって話すよりもダイレクトに意思疎通ができるようになるぞと思ったよ。

食後はインスタントラーメン発明記念館へ。そんな記念館があることは知っていたけど近所にありすぎて1度も行ったことがなかった。彼のおかげで行くことができて、さらにオリジナルのカップヌードルも作ることができました。

kamilo-cupnudle.JPG

周りは小さな子どもを連れた家族ばかり。そんなところにコロンビア人とタイ人と日本人のおっさんが4名。異様な空気感を漂わしていたことは言うまでもありません。

でね。このオリジナルカップヌードルを作っていく工程で中に入れる具を選ぶところがあるんだけど、なんと驚いたことにそこのスタッフさん英語が話せる人でした。びっくり!そのスタッフの方、タイ人の人には英語か日本語か迷ってて、最初英語で話しかけていたのが僕的にはツボでした(笑)















このアーカイブについて

このページには、2014年11月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年10月です。

次のアーカイブは2015年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。