ほのぼのブログ

酒肴盛りについて。

僕は子どものころから一般的に酒のあてといわれる食べ物が大好きでした。まあ、特殊なやつは除くけど。だから父親には、おまえは大きくなったら酒飲みになると言われて育ちました。今のところ、酒飲みとは程遠いところにおりまして・・・少し飲んだら酔っぱらってしまって使いものになりません(笑)

酒飲みの素質はいつ開花するんでしょうか??


こういう盛り合わせが大好き。もう独り占めして食べたいといつも思っているのですが、これを頼むときはだいたい3人以上ですから、僕が独占することは許されません・・・(涙)


チーズの盛り合わせも好きなんですよね。でもチーズは根本的な味が似ているので、盛り合わせを独り占めしたい衝動には駆られません。

やっぱり、こういうバラエティーに富んだやつがいいです。案外、こういった酒のあてと呼ばれるやつは、お酒を飲まない人も好きだったりしますよね。

じつは僕、本当は家飲みが好きでって、何の話やねんって感じなんですけど。。。お店で飲むと、酔っぱらっても家までは帰らないとダメでしょ?帰ることが面倒だし、家に帰ったらお風呂も入りたい。でも風呂に入るのは面倒。。。酔っぱらっているにもかかわらず、やることが多いのがイヤなんです。

家飲みは、まず帰るという行為が必要なく、風呂は先に入っておけばよいわけで。酔っぱらったらそのまま寝てしまえばいいのです。

ところが、家飲みの場合は僕の好きな酒肴盛りを誰が用意するんだ??という問題が出てきます。写真の盛り合わせは全て、炙ったり、揚げたり、切ったりというひと手間がかかっています。僕みたいに料理がまったくできない人は、このひと手間がかけられないの(涙)

さらに家だと、なんか雰囲気が違う・・・という問題もあったり。

ただのわがままなんですけどね・・・今年はこういう商品開発をしてみようかな。毎晩違う盛り合わせが楽しめるセットみたいなやつ。ただ僕が抱えるこれらの問題をどうクリアして商品化すればよいのやら・・・??

飲み屋に行ってほろ酔いで止めたらええやろって、しらふの自分ならアドバイスしますがね(笑)

関連記事

  1. ボクが大好きな真イカの昆布醤油漬けの販売を開始しました。
  2. 今週の課題図書。
  3. 函館は塩ラーメン。
  4. シンガポールに行ったら食べられる料理は何?
  5. 北海道出張振り返り②
  6. 日本のトイレがキレイ、温かい
  7. ウニがいっぱいが獲れる地域ではこういう食べ方しちゃうっていう例
  8. 風のシルフィードという漫画をご存知ですか?

ピックアップ記事

PAGE TOP