おススメ書籍

夜2時間の仕事を朝の30分で片づけませんか?

ここ数日というか、ここ数週間、「時間の使い方」が自分のテーマになっています。

今年で社会人といわれるようになってから16年が経過しようとしていますが、振り返ってみて思うのは、僕はとにかく時間の使い方が下手だということ。おいおい今ごろ気づいたのか?と思われるかもしれませんが、今ごろ気づいてしまったから仕方がない(涙)

毎日、どうにも生産的な活動ができていないなと感じつつ、何が原因かが全くわからないという日々を過ごしていました。で、昨日たまたま読んだ本がこちら。「脳のパフォーマンスを最大まで引き出す神・時間術」(以下、本書とします。文中で囲いがある部分は本書からの引用です)

本書とは関係ありませんが、あの有名な大前研一さんも、人間が変わる方法は3つしかないとおっしゃっておりますね。。。

ついつい決意を新たにしてしまいがちですが、無意味だとバッサリ(涙)

さて、本書に書かれている内容を端的に表現されているのがまさにこの一文だと思うのですが、

脳科学的に最高のパフォーマンスを発揮できる時間帯に、それに合った仕事をすることで、仕事の効率を2倍以上に高めることが可能なのです。

自分が仕事をするようになってからというもの、働く時間はある程度決まっているという思い込みのまま過ごしていました。またやることが多いのであれば長時間労働をすれば良いじゃないか程度にしか仕事をする時間については考えたことがありませんでした。

人間の脳というのは、起きてから2、3時間は、脳が整理された状態にあるため、脳のパフォーマンスが1日で最も高いのです。その時間帯は、「脳のゴールデンタイム」と呼ばれ、論理的な作業、文章執筆、語学の学習など、高い集中力を要する仕事に向いています。

ところがどうですか。朝起きてからの2、3時間が良いと書かれているではありませんか。どんなに夜遅くまで仕事の時間を延ばしてみたところで、知的生産のパフォーマンスは下がることはあっても上がることはないのです。だったら夜は知的生産をするためにウンウン唸る。そして結局何も生み出せない・・・なんてムダなことはせず、早く帰って翌朝に備えたほうが良いわけです。

今まで何百時間とウンウン唸っていましたが、そしてたいして何も生産していませんでしたが・・・あの時間はいったい何だったんだろう。

そんな事実を知ってしまったので、今日は決意を新たに、夜のダラダラ仕事をする習慣をやめて朝からブログを書いてみたというわけです。

はかどり方が全然違う。自分でやってみた感じ、朝の知的生産がどうも良さそうです。これホント。

 

関連記事

  1. オラ東京さ行ってきただ。
  2. 銀翼のイカロス。
  3. 空飛ぶタイヤ。
  4. 社員をサーフィンに行かせよう。
  5. 「海賊とよばれた男」
  6. この夏にぜひ食べて欲しい北海道を代表する食材をひとつ。
  7. 空飛ぶ広報室。
  8. やること。やらないこと。

ピックアップ記事

PAGE TOP