ほのぼのブログ

日本最東端。根室はさんまが実質無料ってかマジでタダだった件。

本土最東端。根室へ出張した時に日本の最東端と言われる納沙布岬に行ってきました。領土問題を抱えている地域ということで、それに関わるメッセージや石碑、資料館などがあります。行ったのは平日だったので岬はほぼ無人君でした。ララララ♪
納沙布岬.jpg
根室と言えばさんまが大変有名な地域なのですが、この根室で水揚げされるサンマの量がハンパないです。というのも日本全国で1日に水揚げされるサンマの量が5000トンだとすると、根室だけで3000トンも揚がるんだとか。
単順に考えると日本に流通するさんまの50%以上が根室産なわけです。
と事前情報はこのへんで。根室に着いたので夜ご飯を食べに行きました。当然注文するのはさんまの刺身。運ばれてくると「醤油になんばんかけてお召し上がりくださ~い」って普通に言われたけど、「なんばん」って何?目の前におかれたのが一味唐辛子。まさか、なんばんって一味唐辛子のこと?
根室さんま刺身.jpg
根室の刺身用さんまは脂がのっていて醤油に一味をかけて食べるぐらいがちょうどいいんだとか。確かに!!とっても脂がのっているから醤油と一味唐辛子のピリ辛がベストマッチ。地域によっては醤油に胡椒という組み合わせもあるらしい。こりゃお酒がすすむわ。
それともうひとつ感じたのが、醤油が薄い?というかシャバシャバしている・・・。とりあえず根室人に聞いてみたところ昆布醤油だからかな?だって。この醤油問題はまだ解決できていないので、いずれまた真相を突き止めてみたいと思います。
さて、根室のサンマは脂がのって旨いし、漁獲量も日本一。そんな町では秋刀魚のシーズンともなるとサンマがタダになるという噂を聞きつけました。
確かめにお店に行ってみると・・・
ふるまいさんま.jpg
ホンマやん。さんまタダやわ。ご自由にお持ち帰りくださいって・・・
さすがに買い物もせずに持って帰る根性はありませんでしたが、近所のおばちゃんらしき人たちは袋にガンガン詰めて帰って行ってました。多分、買い物されていたと思います。たぶんね!!
根室の人たちはサンマが豊富すぎて、大きいサンマしか食べないらしい。だから小さいものはこうやってお持ち帰り用になるんだそうです。
さんまのシーズンに根室に行って、早朝の道路が生臭い日はサンマが大漁の日だそうです。そんな日はこうやってお店に行ってみるといいですよ。なんてったってサンマが無料ですからね(笑)ちなみに地方発送でカニやら鮭やら送る場合もオマケでサンマ入れといてって言ったら入れてくれますよ。これは自分で試しましたからホントです。

関連記事

  1. 僕は大好きな人のために自分の能力を使いたい。
  2. ヨーロッパなどの海外では緑茶に砂糖を入れるのは当たり前!でも・・…
  3. 手づかみで食べる。ダンシングクラブに行ってきました。
  4. 週末は糖質制限一時解除というルールにしましたm(_ _)m
  5. 僕、案外シャレオツな飲食店が好きだったりします。
  6. 子どもたちと少し早めの花火
  7. 国産天然はちみつ。「くり」と「エンジュ」と「???」・・・。
  8. 北海道松前町に行ったら一度は行ってみたい絶景スポット。

ピックアップ記事

PAGE TOP