ほのぼのブログ

心地よい環境。スタッフ。お客様。僕は心地よい人たちと仕事がしたい。

僕の考えはこうです。

まず自分が快適に過ごすことができる環境づくりをしよう。できるだけ好きなものに囲まれるようにしよう。自分を大切にしてくれる人と付き合おう。

家族ができるだけ快適に過ごせるようにしよう。それができたら次は会社で一緒に仕事をする人達が快適に働くことができて、その家族が心地よく生活できるようにしよう。そして、お客様にも快適な商品やサービスを提供しよう。

お客様から喜んでいただくことで得た利益で余った分は、私たちが仕事をさせていただいている地域、市、県、日本、さらに大きく言えば世界に還元しようと。

順番はいつも自分が最初です。自分が苦しくて不快なのに人のことを快適にすることは、一時的にはできても継続的にはできないと考えるからです。そしてこの自分が心地よい状態の波紋を広げることを意識すると、本当に自分と合う、似た感覚というのでしょうか、そういう人たちとのお仕事が増えました。

そもそも僕は数年前まで、この考え方とは真逆の考え方をしていました。

まずは他人を大切にする。そのあとに自分を大切にするという考え方です。言い換えると自己犠牲というやつなので、自分を後にしていると、いつまでたっても自分を大切にする日はやってきませんでしたが・・・(汗)。でもその当時の僕からすれば、今の自分の考え方はめちゃめちゃ悪です(笑)

さて。

こういう考え方をしていても、当たり前ですが真逆の考え方の人と出会うこともあります。または、これまでお付き合いのあった方でも、実は自分とは真逆の考え方だったとか。えーまさか、あなたが!!みたいなね(笑)

で、このまさかあなたが!!って状況に最近遭遇してしまいました。。。僕と正反対の考え方の人だとは思っていなかったのですが、話をしていると妙にズレる感覚がある。でも昔から知っている人だから、自分にとって心地よい人であってほしいと願う自分がいます。一緒に仕事もできたらいいなと思うし。

でもね。やっぱり僕の直感は正しかった。

自分の直感を信じきることができないまま、その人に紹介された人に会いました。紹介された人については、僕とは全然合わない。笑っちゃうぐらい合わない。僕が大事にしていることの真逆のことを平気でやってくる感じ。そもそも僕のことを大事に扱わないわけ(笑)

「類は友を呼ぶ」

そう考えたら、今までお付き合いがあった方だったとしても、現在の僕とはまったく合わないと判断してもいいのかな?と。昔からの知り合いだからって、無理にお付き合いをしてもお互いにしんどい思いをするだけってことが多いのも事実。

自分さえ我慢すれば、会社的に利益があがるかも?自分が不快だったとしても、その仕事をお願いできればすごくクオリティの高いサービスが提供できるかも?って、直感とは別の自分が囁きかけてくるんですが・・・

やっぱり僕は心地よい環境。スタッフ。お客様と仕事をして、おもしろい。たのしい。うれしい。をできるだけ多くの人と共有したいと思います。

 

 

関連記事

  1. 家でDVDを見るより映画館でゆっくり映画を楽しむ!
  2. 毛ガニの水揚量日本一の町。北海道枝幸町。
  3. はやし果樹園のさくらんぼ in 北海道深川市。
  4. 【うに一箱】北海道松前産の生ウニをお取り寄せして一箱食べる幸せ。…
  5. 今年最大の誕生日プレゼントが完成。
  6. 春うらら。魚そうめん。「春の」
  7. 稚内を観光。オススメのお土産&食事ランキング。駆け足で…
  8. 蝦夷アワビはどうやって食べるのが美味しいのでしょうか?

ピックアップ記事

PAGE TOP