ほのぼのブログ

おかげさまで本日37歳になりました。

いよいよ37歳の誕生日ということで、前々夜祭から楽しんでいる僕です。本日もどうぞよろしくお願いいたします。まずは一昨日の模様から。

ちょいちょい通っている拓味での前々夜祭。他のお客さんが早い時間にお帰りになられて、実質貸し切り状態。まあ3人で飲んでるだけなので静かな感じです。この時点で明後日が僕の誕生日だと知っている人は・・・いたんだか、いなかったんだか・・・。

そして昨日は前夜祭のため秀造へ。

ほぼメンバーは変わりません。皆さん、毎日、朝から晩までお付き合いいただきありがとうございます。

お誕生日の本日はと言いますと、これまで以上に人の気持ちがわかる人間になるために・・・

他人と自分の顔を変えてみたり。。。

こんなことをしても他人の気持ちは1ミリもわかりませんが、国籍は変わったような気持ちになれました・・・。

話は変わりまして。

27歳のときだったと記憶していますが、ナポレオンヒルの「思考は現実化する」という本を読んで衝撃を受け、ノートにいろいろと夢を書いたのを覚えています。今、そのノートがどこにあるのかはわかりませんが、恥ずかしくて人様には言えないような壮大な野望を書いたはずです(笑)

それから10年経過した現在、ノートに書いた比較的簡単な夢はだいたい叶ったと思います。そして壮大な野望はと言いますと、27歳の当時は、どうやったらそんなことになるのか皆目見当もつかない状態だったのが、もしかしたらやれるんじゃないの?ぐらいには見えてきたように感じます。

少し時間は戻って2015年の年末、僕の大好きなおじいちゃんが亡くなりました。偶然にもおじいちゃんの命日は僕の息子の誕生日です。僕は小さいころに、おじいちゃん、おばあちゃんの家にけっこう滞在していて、一般的におじいちゃんっ子、おばあちゃんっ子って言われるタイプの人間です。

僕がノートに書いた野望。それが達成されるシーンは、元気なおじいちゃんとおばあちゃんが一緒にいて、喜んでもらうことが前提でした。が、ちょっと間に合わなかったようです。

だけど、そのおかげで僕は少し成長したようです。

孔子の論語の一節に「三十にして立つ」という有名な言葉があります。超カンタンに言うと、30歳になり精神的に独立するという意味。年末におじいちゃんが亡くなったことで、僕の精神はちょっとした甘えが減り、独立が進みました。

27歳の時、一人でノートに書いた夢は、全部が自分と自分の家族のことばかりでした。だけど10年経った今日からはちょっと変わります。僕が抱いた壮大な野望は、今一緒に働いている仲間とともに達成して、その喜びを分かち合いたいと思います。

ということで、明日からもよろしくね。


37歳も全力で頑張ります!!

関連記事

  1. 松前町の絶景スポット 「がんびだい」 熊出没注意だそうです(笑)…
  2. 「民王」読みました。
  3. 明日から北海道。
  4. 男の子も大好きアップルパイ。
  5. セブンイレブンのイートイン。これが思いのほか便利だということに気…
  6. さあ、いったん関西に帰ろう。
  7. 【ひとり旅・洞窟】岩の洞窟を進む修行道はお一人様厳禁。。。
  8. ひな祭りでしたね。来年はもっと美味しいひな祭りにします。

ピックアップ記事

PAGE TOP