ほのぼの本舗の最近のブログ記事

味付けの話。あなたは足す?それとも引く?


「あなたは足す派?それとも引く派?」

いろいろなことに共通しますが、この「足す」か「引く」かという判断はけっこう難しいものがあります。足してよくなることもあれば、引いたほうが良かったなんてこともあったり。ただ判断をする時点では誰も正解を知りませんから、えいやっとやってみるしかないのです。

さて、それで今日はどんな話なのかというと、手羽先の燻製についてです。たいそうな書き出しの割には非常に小さな部位についてです( ̄∇ ̄;)ハッハッハ

その手羽先というのがこちら。


02031216_4d4a1e0ee6d1d.jpgのサムネイル画像

普段はごま油が香るピリ辛の手羽先として販売している商品です。夏場でしたら身をほぐしてサラダに入れたり、カレーの具にもよく合います。冬場ですとお鍋。いい出汁が出てね、美味しいんです。見たまんまですが、お酒のあてにもぴったり。袋から取り出してそのまま食べましょう(笑)

そんなこちらの手羽先。商品名は「くんてば」と名付けて販売をしているのですが、今回、ひょんなことから味付けを引いてみた商品を作ってみました。どんな内容かと言いますと、

「ごま油も香らない」「たいして辛くもない」和風しょうゆ味のくんてば

ところがこの味を引いた「くんてば」が正解なのかどうかが誰もわからない。だったらお客様に食べて判断をしてもらいましょうということで20パック限定で、しかもお試し価格で販売をすることになりました。


いつもの香りと辛さを知っている私たちからすると、物足りないのか?と思ってしまったりするわけですが、知らない人からすると案外こっちのほうがシンプルな味付けでいい!!なんてことはよくありますよね。なので、もしよければ試していただけないでしょうか?











今日は僕がぜひあなたに食べて欲しいなと思っている食材をひとつご紹介します。それはウニです。ああ、なんだ、ウニか。それなら何回も食べたことあるよと思われるかもしれませんが、たぶんそんなに食べたことがない状態のウニのご紹介です。

毎年5月の初旬から北海道の松前町ではウニ漁がはじまります。ウニは人によって好き嫌いがはっきりと表れる食材ですが、僕は大好き。その証拠に昨日もたっぷりと堪能してきました。

IMG_6559.JPGのサムネイル画像

塩水にもつけない。ミョウバンも不使用。

さて、このウニ。どこがそんなに違うのかというと?それは、このウニは水揚げしたものを、むいただけの状態で食べられるということ。(地元の人たちや漁師さんなら普通に食べられると思います。が、それでも漁師さんやその関係者じゃないと手に入れるのはちょっと難しいかも。)

ウニの粒って時間が経過すると溶けて形がなくなってしまいます。ドロドロになるというか。それを防ぐために一般的にはミョウバンを使用します。だからスーパーなどで並んでいるウニの粒は型崩れしないんですね。要するに見た目が良くなるわけです。そのかわり味は苦くなったり、香りは薬臭くなったりします。

さらにウニって、実はウニの卵なんですけど、ウニの殻から取り出すとあっというまに消費期限がやってきてしまいます。少しでも長く保存しようと思うと、塩水に粒をつけて冷蔵保存したりする必要があります。それでも1週間の保存がギリギリぐらい。塩水につけると、ウニが少しだけ水っぽくなってしまいます。

ウニを流通させようとすると、消費期限の問題や見た目の問題がありどうしても本来の味を犠牲にしないと、全国各地にお届けできないという事情があるのです。


消費期限は届いた日。

僕がこの夏にぜひ食べて欲しいと思っているウニは、消費期限を少しでも延ばすということは全く無視します。ミョウバンも塩水も使用しませんが、その代わり到着日には必ず受け取りが可能で、しかもその日のうちに食べてもらうという条件がつきます。(個人的には冷蔵保存をきちんとすれば、届いた翌日か翌々日ぐらいまでは大丈夫だと思って楽しんでます)

その代わりと言ってはなんですが、ウニの粒から余分な水分が抜けて本当に甘くて香りのよいウニを堪能していただくことができます。ねっとりと凝縮された感がたまりません。「あ~、ウニってこんなにも濃厚でおいしかったんだ」と言ってもらえる自信があります。数は少ないですが、僕が直接お届けしている人たちは必ずリピートします(笑)


本当のウニ好きにお届けしたい。

ぶっちゃけて言うと誰にでもおススメしたいって商品ではありません。海の状態によって漁がある日にしか作れませんし、それも毎日作っているわけでもない商品です。送料がどうの、価格がどうの、過剰な包装が好き、注文したんだから早く発送しろって人には、まずおススメしません。

本当にウニが好きな人は基本的には「ウニのむき身」しか頼まないねと言われるこのウニ。本当にウニが好きな人に、この夏ぜひぜひ食べて欲しい逸品として今日は紹介してみました。タイミングが合えば食べてみてください。

IMG_8334.JPG






大変ありがたいことに6月3日放送の「嵐にしやがれ」で、弊社が取り扱っております本マグロキムチが取り上げられました。

maguro-kimuchi-08.jpg

放送をご覧になり本マグロキムチをご注文してくださったお客様、本当にありがとうございます。何よりもまず最初に御礼申し上げますm(_ _)m

おかげさまで予想を上回るご注文をいただいており現在のところ一旦販売を中止し、ご注文をいただいたお客様におかれましても、お届けまでに最長で3か月程度かかる見込みでございます。

製造後、順次発送をしておりますので、お届けの予定が確定したお客様には個別に連絡を差し上げております。


「メールが届かない」

というお問合せも多数いただいております。インターネットでご注文いただく時のご案内不足でお客様にはご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

基本的にはご注文確定後すぐにお客様に返信メールが届くようになっております。さらにご注文をいただいた後も発送遅延のご案内を個別にお送りしていますので、今一度メールの受信設定などをご確認いただけましたら幸いです。


さて販売再開についてですが、今のところまったくの未定でございます。今後、販売再開の目途がたちましたら改めてお知らせをしたいと思います。











ただいま北海道は絶賛ウニのシーズンです。

IMG_8346.JPG

今年は今までと違って、塩水にも浸かっていない生うにのむき身を販売しています。このむき身、殻付きウニにすると約30個分からとれる量を箱に詰め込んでいます。だからたっぷりございます。あ、殻付きウニも今年もおかげさまで大好評でして、絶賛販売中です。で、このむき身は当然のことながら殻を割ってウニを取って食べる必要がないわけです。

殻付きのウニを食べるのも楽しいのでおススメしているのですが、このむき身は殻付きウニもけっこう楽しんだし、手軽に美味しいウニを堪能したい♪という人にぴったり。

じつはウニ好きの人たちには、この塩水にも浸かっていない生うにのむき身が人気なのです。なぜなら塩水に浸かっていないので水っぽくなく、ねっとり濃厚なウニの味を楽しめるから・・・・・・だと僕は食べてみて思っています(笑)


父の日のギフトにということで本日深夜まで送料無料・税込のとってもお得な価格で販売しているので、良かったら試してみてください。















端午の節句。男の子用の細工かまぼこです。


4月になったばかりで5月の話をするのもなんですが・・・

IMG_2397.JPG

ひな祭りの細工蒲鉾に続きまして、男の子用の細工蒲鉾の販売を開始しました。今年のGWは2日休みを取れば、最大で10連休になるみたいですね。

僕も今年はバリ島かプーケット島に行けたらな~と目論んでいます。もちろんGWのあとですけどね^^









1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうちほのぼの本舗カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは北海道周遊です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。