体調管理の最近のブログ記事

健全な精神は健全な肉体に宿る



タイトル通りダイエットのお話です。


30代も中盤になってくると、
体が大変なことになってきています。


スタイリッシュとか、
シュッとしてるとか、


そんな言葉はここ十年で、
僕の耳に届いたことがありません。



さすがにこのままいくと、ヤバいな・・・



と思い、ある方が紹介している本を買いました。
それがこれ。


高橋克典の肉体改造メソッドのサムネイル画像





この本は46歳の頃だそうで、
特命係長 只野仁 の役作りで肉体改造をされたそうです。



タイトルにも書きましたが、
健全な精神は健全な肉体に宿る、この言葉。



体重だけを落とせば良いということであれば、
カロリーの管理だけでなんとかなります。


基礎代謝を調べて、
1日で摂取するカロリーを
基礎代謝以下にすれば当然体重は減ります。



でも、それって健全な肉体じゃなくても可能です。
健全な肉体にしか健全な精神は宿りません。



身体のどこかが悪かったら
集中力なんてなくなりますし、
そのまえにやる気がなくなります。


良い判断もできません。


そう考えると体重だけ落とすっていうのは意味がないですよね。



そこで高橋克典さんの本を参考にしました。
今僕は特命係長を目指してます。



あ、夜の顔のほうね。



全てを真似るのは流石に無理だなと思い、
筋トレと食事を真似ようとスタートしたのですが・・・



開始3日目で体が拒否反応を起こしました(涙)
意味不明の背中痛と熱射病のような症状。


まさに三日坊主!


結果。2、3日寝込みました。
潜在意識のパワーを見せつけられました。


恐るべし俺の無意識。。。




でも年内には表紙のような体になりたいと思います。



そしてスタイリッシュで、シュッとしてる子に
なれたらいいのになぁぁぁ。


睡眠時間の管理

皆さんはいつも何時間ぐらい寝ていますか?
私はだいたい5時間~6時間ぐらいです。


なぜこんなことを書こうと思ったかと言うと、
日、お取引先の社長に言われたからなのです。


「馬塲さんは7時間~9時間以上寝たほうがいいですよ」と。


どうやら私の体は長時間睡眠が向いているようで、
しっかり身体を休めているほうが日中のパフォーマンスも上がりやすいそうです。



で、アドバイスを受けた翌日に早速チャレンジしてみました。


夜9時に寝て朝6時に起きる。
合計9時間寝るコースです。


ところが初日からはうまくいかず、
なぜか朝5時に目が覚めてしまいました。


それでも約8時間寝ていますので、
比較的すっきり起きることができ、
朝からバリバリ仕事をこなせたのです。


これはもしかしたらとっても良いかも??


と期待に胸を膨らませて、その日の晩もチャレンジしたのですが、
今度は9時に寝ることができず・・・


というか眠くならないのに無理やり目を閉じていたのですが、
あまりの苦痛に起きてしまったのです。


ここでTHE ENDでした。


結局その日から元の習慣に戻ってしまい、
5時間~6時間の睡眠を続けてしまっています。


しかし、睡眠・食事が仕事のパフォーマンスに影響を及ぼすと聞けば、
自分に最適な睡眠と食事を心がけたくなるものです。


私の場合は、7時間~9時間以上の睡眠がベストだと言われていますが、
逆に短時間睡眠のほうが良い人もいますからご注意を。


個人の特性をスタッフ全員が理解して業務にあたるとスムーズになる気がします。
もちろん睡眠時間以外にも向き不向きなど、いろいろな特性があります


その中でも食事と睡眠だけは毎日かかせない事ですから、
根気よくトライして自分に最適な睡眠時間をみつけたいと思います。








1

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち体調管理カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは持論です。

次のカテゴリは個人的な出来事です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。