持論の最近のブログ記事


僕の考えはこうです。

まず自分が快適に過ごすことができる環境づくりをしよう。できるだけ好きなものに囲まれるようにしよう。自分を大切にしてくれる人と付き合おう。

家族ができるだけ快適に過ごせるようにしよう。それができたら次は会社で一緒に仕事をする人達が快適に働くことができて、その家族が心地よく生活できるようにしよう。そして、お客様にも快適な商品やサービスを提供しよう。

お客様から喜んでいただくことで得た利益で余った分は、私たちが仕事をさせていただいている地域、市、県、日本、さらに大きく言えば世界に還元しようと。

順番はいつも自分が最初です。自分が苦しくて不快なのに人のことを快適にすることは、一時的にはできても継続的にはできないと考えるからです。そしてこの自分が心地よい状態の波紋を広げることを意識すると、本当に自分と合う、似た感覚というのでしょうか、そういう人たちとのお仕事が増えました。

frogs-1212209_960_720.jpg


そもそも僕は数年前まで、この考え方とは真逆の考え方をしていました。

まずは他人を大切にする。そのあとに自分を大切にするという考え方です。言い換えると自己犠牲というやつなので、自分を後にしていると、いつまでたっても自分を大切にする日はやってきませんでしたが・・・(汗)。でもその当時の僕からすれば、今の自分の考え方はめちゃめちゃ悪です(笑)


さて。

こういう考え方をしていても、当たり前ですが真逆の考え方の人と出会うこともあります。または、これまでお付き合いのあった方でも、実は自分とは真逆の考え方だったとか。えーまさか、あなたが!!みたいなね(笑)

で、このまさかあなたが!!って状況に最近遭遇してしまいました。。。僕と正反対の考え方の人だとは思っていなかったのですが、話をしていると妙にズレる感覚がある。でも昔から知っている人だから、自分にとって心地よい人であってほしいと願う自分がいます。一緒に仕事もできたらいいなと思うし。

でもね。やっぱり僕の直感は正しかった。

自分の直感を信じきることができないまま、その人に紹介された人に会いました。紹介された人については、僕とは全然合わない。笑っちゃうぐらい合わない。僕が大事にしていることの真逆のことを平気でやってくる感じ。そもそも僕のことを大事に扱わないわけ(笑)


「類は友を呼ぶ」


そう考えたら、今までお付き合いがあった方だったとしても、現在の僕とはまったく合わないと判断してもいいのかな?と。昔からの知り合いだからって、無理にお付き合いをしてもお互いにしんどい思いをするだけってことが多いのも事実。

自分さえ我慢すれば、会社的に利益があがるかも?自分が不快だったとしても、その仕事をお願いできればすごくクオリティの高いサービスが提供できるかも?って、直感とは別の自分が囁きかけてくるんですが・・・


やっぱり僕は心地よい環境。スタッフ。お客様と仕事をして、おもしろい。たのしい。うれしい。をできるだけ多くの人と共有したいと思います。










時には断ることも大事。


普通に生きていると、少なからずお誘いってかかりますよね。僕はあまり誘われることが少ない人ですが、それでも年に数回は何かの集まりに誘われます。

年に数回って少なーーー!!少ないよーーー!!

ま、誘われる回数を数えたら心が折れそうになるので、正確に数える行為はやめておこうと思います・・・

phuket20140618.JPG
(首も折れてます)

誰かに誘われたら、イヤでも行くって返事をして無理やり参加したりすることも・・・実はありまくりました。ところが今年に入ってからというもの気乗りがしないお誘いはバンバン断っています。バンバンってほど誘われてないことには触れないでください。

気乗りがしないお誘いでも無理して行っていたのには理由がありまして、もしかしたら「何か」「出会い」があるのではないか?という下心があったからです。まあ、それなりに出会いなり「何か」はあるとは思いますが、無理して行ったほどの「何か」にはあまり遭遇したことがありません。

さて、そんな僕がお誘いを断りだして、人と会わなくなって、何なら名刺もなくなってしまって・・・今、困っているかというと??まったく困っていません。そして今まで以上に人とも出会えているように思います。出会えているというのはお付き合いが長続きするという意味で。実際にお会いしている人数は激減です。

とっても不思議なんですが、気乗りしないお誘いを断っているほうが自分の身体と心も疲れませんし、またそういう時ほど逆に良い出会いに恵まれているように感じます。

考えられることとしては、身体も心も疲れないから必要なことにエネルギーを投下できる。そして心の状態が良いので、良い出会いに遭遇してしまうということでしょうか?

ちょっと不思議なことを書いていますが、もしあなたが誰かに誘われたりしたときに全く気乗りがしなかったら、一度試しに断ってみられてはいかがでしょうか?断ってもたいして困らないどころかパフォーマンスがあがってしまうかもしれませんよ。













情報発信をする時、僕たちが心掛けていること。などという大げさなタイトルで恐縮なのですが・・・ま、あくまでも心掛けていることなので、自分達も出来ていないことのほうが圧倒的に多かったりすることをちょっと書いてみます。

043.png

じつは僕、2年ほど前にこんなことを呟いていました。

今買わないし、これからも買わないし、もしかしたら他店でお買い物をされてしまうかもしれない人にも役立つ情報発信を心がけよう。うん。それがいい。

ホームページで商品やサービスを販売していますと、僕だけかもしれませんが「ついつい情報の出し惜しみ」をしてしまうことがあります。インターネットは本当に情報をパクリやすいメディアで、自分たちが手間暇かけて作った情報や数値をサクッとパクッていかれる方が本当に少ない数ですがいらっしゃいまして・・・そしてもうひとつは情報だけもらって他店でお買い物をしちゃう人(自分もそういう時あります)そんな人たちのために役立つ情報を出したくないな~っていう、何とも心の狭い話なんですけども。そんな心の狭いことを言っていますと、いざ買おう、ほのぼの本舗を信用してあげようという心の広いお客様とも出会えなくなってしまうんですよね(実感値)。

そりゃそうですよね。お客様のためになる情報を提供しないわけですから。

で、そういう心の狭いことを考えるのはもうやめだ!ということで、誰にでも役立つ情報を発信していますと、ありがたいことに信頼してやってもいいかな?というお客様が増えたように思います(これも実感値)。

で、つい先日もある方からホームページに関することで、個人的な意見を賜りまして...改めて手間暇かけた情報発信の大切さを認識させていただきました。はい。まだまだ手の込んだ情報をお伝えできていないんです。ホントにまだまだです(汗)

今はパソコンがなくてもスマホやタブレットがあれば、どこからでも簡単に情報を取得することができる時代です。ついつい相手の顔が見えにくい媒体を運営していると手を抜きがちですが(僕だけですよね)、文章や写真などには対面で話をする以上にその人の想いが怖いぐらいに現れてしまうのも事実。

非常にとりとめもない文章になってしまいましたが、今まで以上に意識をして、多くの人に役立つ情報提供を心がけようと、そんなことを思った月曜日でした。








サービスを作ってくれるのはお客様。


本当にありがたいことにお客様からいろいろとご質問をいただきます。中には怒られていることもありますが・・・(汗)で、そのご質問や要望がサービスになっていきます。いや、まあすごく当たり前のことを書いていますね。僕。

customer.JPG
(お客様すわり心地はいかがですか?「う、うん。まあええんちゃうか~」)

でもこのお客様からの要望や質問がないと・・・正直に言うと僕たちって全然専門家になっていかないんじゃないかなと思うわけです。お客様は僕たちのことをプロとして認識しています。だから要望や質問には当然答えてもらえるものだと思っています。無理なこともたまにはあるけど。

だから僕たちはお返事をするために猛烈に勉強したりします。

でだ。たまに友人や知人に「毎日何やってんの?」とかって聞かれるわけなんだけども、言ってしまえばお客様からのご質門や要望に応えることに一生懸命になっているわけです。それは専門的なことを調べていることもあれば、何もしてないように見えて、じつはいろんなことを創造していることもある。結局お客様からいろんな事を言っていただいた中から商品やサービスができていると思うのです。

新商品。新サービス。いつもそのきっかけを作ってくれているのはお客様。

と考えれば、お客様と頻繁に意見のやり取りをできる企業が「これまでも」そして「これからも」お客様に指示されていくはずっていうか指示されています。僕たちは対面で何かを販売するということがとても少ない会社。だからこそお客様とのコミュニケーションをもっともっと取りやすい環境を作っていったほうがいい。そしてそれを可能にするのがブログであり、SNSであり、YOUTUBEなどの動画だったりするわけです。

やっぱりこれからはお客様に見つけてもらって、さらにコミュニケーションを簡単に取ることができる環境が必須ですね。そんなことを思った土曜日の午後でした。













ここ最近、心から思ったことがあります。仕事にしろ何にしろ僕は大好きな人のために自分の能力を使いたいってこと。僕自身はそんなにすごい能力はないけれど、一生懸命考えて何かすることはできるからね。

逆を言えば合わない人には何もしないってこと。だって合わない人に合わせると疲れるし・・・っていうか、そもそも合わないんだから、その人のこと考えるのイヤじゃない?(あ、言ってもた・・・)

fukagawa20140826.JPG
(さんだかんの飯田社長。大好きな人ですが決してそういう関係ではありませんw)

お取引をさせてもらっている方々、それからお客様。友人、知人。とにかく僕は好きな人と仕事をしていたいし、好きな人と時間や空間や情報を共有したいです。

んで、世の中には僕と合わない人のほうが多いと思う。ブログやフェイスブックっていうのは自分と合う人、合わない人を見分けることができるツールでしょ。だから僕はこれからも、もっと自分のことを発信して周りを好きな人だらけにしていきたいな~なんてふと思った今日でした。











1  2  3

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち持論カテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリはお役立ちです。

次のカテゴリは体調管理です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。