ほのぼの本舗のこと

食べ出したら止まらない。はるかと春峰。不知火も。

聞いたことのない柑橘の名前。「はるか」「春峰」「不知火」。このうちのひとつは別名デコポンという品種で、3つの名前のうちのどれがデコポンかわかりますか?答えは「不知火」。美味しいよね~。


土づくりにこだわって除草剤などは一切使用せず手作業でつくられている柑橘(あえてミカンとは書かない。ミカンも品種のひとつだからね)。僕は毎年お歳暮に「ゆら完熟早生みかん」という品種を贈っているんだけど、まあ皆さん驚くわけです。まずはその見た目に。お世辞にもキレイな見た目ではないし、過剰な包装もしていない。僕が贈っている先のある人に言われた。見た目が悪いから全然期待しないで食べたら、味の濃厚さにびっくりした!こんなに旨いミカン食べたことないわ!って。

そう見た目の次は強烈に濃厚な味に驚くわけです。味付けしてんじゃないの?ってぐらい濃厚。これが自然のミネラル分である草や海藻、自然のカルシウムなどで育った自然の甘みなの。そうミネラル分が濃い果実になってしまったわけです(笑)

(春峰)

さてさて。今からの季節は最初に紹介した「はるか」「春峰」「不知火」がベストシーズン。っていうか僕たちが扱わせてもらっている柑橘類はどれもけっこうスゴイよ。何がスゴイかちょっと言うとだね・・・出荷するまで樹に生らせている。注文が入った時に一番美味しいと判断されたものを樹から採って送ります。スーパーに並ぶやつは、随分早い段階で収穫しているものが多い。言い換えると、どこにでも売っている柑橘類は完熟させてないということ。

(はるか)

それからね、全部手作業で育てられてます。全品種です。ひとつひとつ目で見て、摘果してって。想像できないぐらい本当に手間を惜しまず大切に育てられている柑橘。これから当分の間、しつこいぐらいアナウンスします(笑)

当然ですが手作業で作られているので数に限りがあります。そのへんはあらかじめご了承くださいね。3月はこの3品種を楽しみましょう!!

関連記事

  1. お中元。まだまだ受付中です。
  2. デコポンの季節がやってきました。
  3. 不惑の40歳。岡という男の話。
  4. 国産の生のハチミツ。採蜜現場レポート。
  5. 北海道のウニ。朝獲りのキタムラサキウニのむき身。
  6. スルメ塩辛と松前漬けでいろいろ考えてみる。
  7. 2014年度ダージリンのファーストフラッシュが・・・
  8. 春の宮ノ前まつり。たくさん輪投げしました。

ピックアップ記事

PAGE TOP