ほのぼの本舗

粗挽きフランクは切らずに焼いてください。もっと言うなら茹でたりしたらダメだよ・・・

暑い日が続いています。こう暑いとビールが飲みたくなります。そしてビールと言えば、ソーセージなどを食べるのが定番(枝豆という意見もありますが)ですね。今日は北海道さんだかん燻製工房の粗挽きフランクについて。というかソーセージも含めてのお話。
frank00.jpg
ウインナーとかフランクを焼くときに切って焼く人いますよね。うちの母親もその代表みたいな人なんです。さらには僕が子供の頃は茹でたりもしてた。なんか今日のウインナーさっぱりしてるな~と思った日は茹でた日。いいように言うとボイルですか?
食べ方は人それぞれなので特に僕がエラソーにどうこう言うことでもないのですが、さんだかん燻製工房のウインナーたちは、できれば切らずに焼いていただければと思ってブログを書いています。
なぜかというと、切ったり茹でたりすると美味しさが全部流れ出てしまうから。ウインナーを切って焼いた時の油、飲まないですよね?ウインナーを茹でたお湯って、使わないですよね?これがポトフとかだと出汁として旨みがいきるのでいいんですけどね。
なぜか?ふとウインナーのことを考えた土曜日でした。

関連記事

  1. 水出しのほうじ茶がおいしい・・・あっ!
  2. 来週「さんだかん燻製工房」の新商品が登場します。お楽しみに。
  3. 来日して半年で見違えるほど美人になった一日。
  4. 今年は牛肉もはじめます。
  5. 常滑焼の職人技。
  6. 一本丸ごと「生」本マグロの発送は今年もやりますよーー!!
  7. 無添加ナッツベリーソーセージ。新登場!
  8. 岩海苔のシーズンは終了したけど、もしかしたらTVに出るかも?

ピックアップ記事

PAGE TOP