ほのぼの本舗のこと

天日干しにこだわった干物を通販でお届けします。北海道の真ホッケの巻。

「干物 通販」などで検索をしますと、たくさんの通販サイトが出てまいります。え~、われわれもこれからその分野に進出していく予定です。さて今回ほのぼの本舗で取扱いをさせていただくことになった干物は、天日干しにこだわった干物たちです。
hokke1.JPG
当然ですが乾燥機を使うというようなことはありません。お日様と風のみで干していきます。味付けも(レシピはヒミツですが)塩のみ。天日干しでよく見かけるのが、干物にハエがよらないように機械に吊ってグルグルと振り回している業者さんもいますが、そういうこともしていません。
「人間の体でもグルグル振り回されたらおかしくなるでしょ?魚だって一緒だよ。」
hokke3.JPG
お天気の良い日に干す。以上。ちなみに夏場は気温が上がり過ぎて魚が腐ってしまうので干しません。天日干しというのはとても天候に左右されますから非効率なんですね。雨が降ったら干せないし、気温が高くても干せないし、大量生産もできないし。だから全国で探しても・・・ここまで徹底的にやっている方はいらっしゃらないかと思います。乾燥機とかで人工的に乾燥させた干物と比べるとだいたい10分の1ぐらいしか作ることができません。ま、味も全然違うんだけどね。
kobayashisan.JPG
ひとつひとつ自分の目で確認していきます。お父さんの代から干物をはじめられて今年で創業40年。ず~っと天日干し一筋の小林さん。
kaminokuni.JPG
北海道の上ノ国町というところで干物を作っているのですが、上ノ国町の中でも高台にあるこの場所は風あたりがとてもよく、干物を作るには最高の環境だそうです。ちなみに上ノ国町は北海道最古の町としても有名。
近いうちに、ここで作られた美味しい干物をお届けできるようにしていきますね。来月は生干しのイカが出来上がるまでを見学に来る予定です。
今頃気づきましたけど、僕の仕事は「大人の社会見学」だと言っても過言ではないかも。特に食べ物の関係に特化した社会見学。それに遠足の要素を足した感じが、ほのぼの本舗での僕の仕事だな。これからもず~っと社会見学と遠足の仕事がいいな~(笑)

関連記事

  1. 今まで飲んでいた紅茶はいったい何だったの??
  2. ヤリイカ~♪ ヤリイカ~♪
  3. 天日干ししたホッケを、さらに冷燻したホッケの燻製
  4. うまいねぇ~。合うね、ゴハンに。合わないわけがない。
  5. 本日中のご注文まで。明日から送料と、送料無料になるお買いあげ金額…
  6. かつてこれほどまでに食べたいと思ったパイがあったでしょうか?
  7. 和歌山の「ゆら早生みかん」完熟まであと少し。
  8. 細工蒲鉾と魚そうめんのセットを京都から。

ピックアップ記事

PAGE TOP