ほのぼの本舗TOP - 上野屋 - 新着情報 - 松前産「生」本マグロ。1本丸ごと発送します。

更新履歴

第1位
天然本マグロ 赤身


津軽海峡で獲れる本マグロを食べれば、今まで食べていたマグロとの違いを実感できます。 それもそのはず。マグロの美味しさが一番よくわかるのが本マグロの赤身と言われています。 本当のマグロ好きは大トロや中トロよりも赤身のほうが好きなのです。 この本マグロの赤身は、松前さくら漁協が自身を持っておススメしている商品なのです。
→この商品を購入

第2位
天然本マグロ 中トロ


津軽海峡で獲れる本マグロのしっかりとした赤身に対して、きめ細やかにトロが入り込んだ中トロはまさに芸術品。 醤油をチョンとつけて口の中に入れると、赤身が持つしっかりとした風味と、旨味が詰まったトロの脂が・・・ もうたまりません。じつは、この中トロを食べて本マグロのお取り寄せがヤミツキになった人が続出なのです。
→この商品を購入

第3位
半熟ウニとろ~り


NHKで紹介されたのがコチラの半熟うにとろ~りです! 3年間の試行錯誤の末に、生ウニの味わいを残したまま冷凍保存が可能になりました。 最高級の昆布でも有名なこの地域の旨みがたっぷり詰まった昆布を贅沢に食べて育った最高級キタムラサキウニ。 ひとくち食べると口の中に磯の香りがフワッ。 程よい塩加減と濃厚な甘みが口の中でとろ~りとろけます。
→この商品を購入

松前産「生」本マグロ。1本丸ごと発送します。

日本人が大好きな魚と言えば鮪(まぐろ)。
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^

 
その中でも食通を唸らせているのが、
津軽海峡で水揚げされる天然本マグロです。



大間のマグロと言えば、ご存知の方も多いかと思います。



青森県大間町の港で水揚げされるので、
大間のマグロというブランドで売り出されているマグロのことです。


大間のマグロは、今、日本で一番高い価格で流通しているマグロ。


というかブランドになってしまったので、
インターネットなどでも値段が高くなっているのです。


この大間のマグロが一体どの漁場で獲られているかというと、
石川さゆりさんの歌で有名な津軽海峡なのです。



じつは津軽海峡を漁場としてマグロ漁をしている地域が
大間以外にも2つあります。


それが函館市戸井漁協。
そしてもうひとつが北海道松前郡松前町の松前さくら漁協。


どちらも日本屈指のマグロ産地です。


津軽海峡で獲れたマグロは、どの港で水揚げされるかで、
マグロに付けられるブランド名が変わります。


大間であがれば大間産ホンマグロ。
戸井であがれば戸井産ホンマグロ。
松前であがれば松前産ホンマグロ。




さて、前置きが長くなりましたが、
今日はこの中の松前産ホンマグロのお知らせです。


松前産ホンマグロは業界でも知る人ぞ知るホンマグロ。
じつは築地市場での評価もかなり高いのです。


ところが、有名になっていないということと、
松前さくら漁協から直送できるということで、
通常ではありえない価格でご提供できることになりました。



家族が集まる日や、
会社のパーティーなどで、
ぜひ皆さんで食べていただき、
そして感動を共有してもらいたくて始めるサービスです。



松前産ホンマグロを1本丸ごと「生」で直送いたします。



調べていただくとわかりますが、
通常、津軽海峡で獲れる国産天然本マグロが
一般的なスーパーなどで売られていることはまずありません。



ところがインターネットの流通は違います。


築地市場や銀座の高級寿司店も飛び越えて、
あなたのご自宅や会社に漁協から一本丸ごとお届けします。


水揚げされた天然の本マグロを氷詰めにして送ります!


ちょうどお手元に届く頃が、
マグロの身が熟成して一番美味しい「食べごろ」。



赤身、中トロ、大トロ、カマ、中落ち・・・



普段食べられない、
食通がついつい唸ってしまう部位を存分に味わい尽くせます(笑)




これから年末に向けてマグロの価格は
日を追うごとに値上がりしていきます。


特に11月からはドンドン上がります。
そして12月からはガンガン上がります。



そんな中、ある意味、10月は穴場。



ぜひこのタイミングで松前産の天然「生」本マグロを
大切な人たちと一緒にお楽しみください!!


きっと大満足していただけることと思います^^



松前産「生」本マグロ。1本丸ごとのご注文はコチラからどうぞ