ほのぼの本舗TOP - 上野屋 - 新着情報 - 幻の海苔。松前産の天然岩海苔をご存知ですか?

更新履歴

第1位
天然本マグロ 赤身


津軽海峡で獲れる本マグロを食べれば、今まで食べていたマグロとの違いを実感できます。 それもそのはず。マグロの美味しさが一番よくわかるのが本マグロの赤身と言われています。 本当のマグロ好きは大トロや中トロよりも赤身のほうが好きなのです。 この本マグロの赤身は、松前さくら漁協が自身を持っておススメしている商品なのです。
→この商品を購入

第2位
天然本マグロ 中トロ


津軽海峡で獲れる本マグロのしっかりとした赤身に対して、きめ細やかにトロが入り込んだ中トロはまさに芸術品。 醤油をチョンとつけて口の中に入れると、赤身が持つしっかりとした風味と、旨味が詰まったトロの脂が・・・ もうたまりません。じつは、この中トロを食べて本マグロのお取り寄せがヤミツキになった人が続出なのです。
→この商品を購入

第3位
半熟ウニとろ~り


NHKで紹介されたのがコチラの半熟うにとろ~りです! 3年間の試行錯誤の末に、生ウニの味わいを残したまま冷凍保存が可能になりました。 最高級の昆布でも有名なこの地域の旨みがたっぷり詰まった昆布を贅沢に食べて育った最高級キタムラサキウニ。 ひとくち食べると口の中に磯の香りがフワッ。 程よい塩加減と濃厚な甘みが口の中でとろ~りとろけます。
→この商品を購入

幻の海苔。松前産の天然岩海苔をご存知ですか?



NHKで紹介されている


年間で1000~1500帖(1帖は10枚)しか入荷されない、
地元以外ではほぼ流通していないという幻の海苔。



岩海苔.jpg


注文単位が1帖ごとですから、
単純計算しても毎年約1500人の方にしかお届けできない・・・



色の黒さ、風味の良さ、香りの強さが特徴で、
「松前の岩海苔は格が違う」と昔から海産物問屋の中では有名なのが
松前産天然岩海苔なのです。


一度食べてもらうとわかるのですが、
海苔の歯触りがとても心地良いのです。


磯の香りと一緒に、シャキシャキと音がする感じです。



おにぎりなどにして食べると、
それはもう最高のご馳走になってしまうわけですが(笑)



そんなわけで、日本各地にいる松前出身の方々からは、
「無性に岩海苔のおにぎりが食べたくなる時がある!」
とまで言わせるほど一度味わったら忘れられない旨さがあります。



そして、おにぎりで食べるのも最高ですが、
のり弁当として食べるのもたまりません。

ごはん→海苔→醤油→ごはん→海苔→しょうゆ



こんな感じで重ねて積み上げる感じで、
ごはんと岩海苔のミルフィーユといったところでしょうか?



ここにワサビがあれば、さらにヨシ!です。
それも山ワサビがおススメですね。



この旨さを知ってしまうと、
もう岩海苔がヤミツキになってしまいます。



そんな岩海苔の季節が今年もやってまいりました。
しかも1月~2月は特に味が良く珍重されています。



それを今年も松前さくら漁協直販センターから通信販売で
皆様のご自宅までお届けいたします。


絶対量が少ないため数に限りがありますが、
ぜひこの機会に幻の海苔、松前産天然岩海苔をお楽しみくださいね。





函館駅の駅弁「岩海苔だんだん」や
松前道の駅弁「岩のり弁当」につかわれている


松前産の岩海苔のご注文はこちらからどうぞ!