ひとり旅

【ひとり旅・吊り橋】地上50mの吊り橋って怖くない?日本トップクラスの吊り橋「星のブランコ」へ

昨日の雨が嘘のようにいい天気!今日も気分よくひとり旅に行ってみましょー^^

ということで、今日は大阪府交野市にある日本でもトップクラスの吊り橋「星のブランコ」にやってきました。家から約30分くらいにこんなことろがあったんですね。駐車場も広めで100台くらいは十分止められそうです。でも、秋の紅葉シーズンは朝からすぐに満車になってしまうそうです。まああの景色を紅葉で見たらめちゃ綺麗でしょうね〜

さて、車を止めていざ星のブランコへ。吊り橋までは1kmもないぐらいということなので、今日は楽勝でしょう!前調べでも少し階段があるぐらいってことなんで!

ここから、200m程は「森林鉄道風歩道橋」という木製の歩道橋が続きます。大自然の中を歩くので、空気も綺麗でヒンヤリしていて、なかなか癒しの時間です。

所どころに植物の説明書きが貼ってあるので、それを見ながら行くのも勉強になっていいですね。あ、すいません、僕はほとんど読まずに行きました。ってことでしばらく行くとピトンの小屋っていう休憩所も兼ねた案内施設が出てきます。ここから、ようやく星のブランコへ少し体力がいるところになりますよー(笑)

吊り橋への道として、階段ありと階段なしのルートがあるんですけど、どっちを行く??ってなったらそりゃやっぱり階段ありですよね〜!まあ階段がたくさんありますって書いてますけど問題ないでしょ。

いやいや、階段たくさんっていうかほぼ全部ですやん。軽い気持ちできちゃったから思いの他体力使ってしまったやないですか!500mやけども9割登りの階段ですから。。。まあそんなこんなでようやく吊り橋が見えてまいりましたよ!

 

 

 

うほ〜なかなかすげーよ!写真では伝わりにくいんですけど、日本トップクラスというだけあって、長さもあるし自然の中に溶け込んでる感じで来た甲斐ありですね!ただ、僕は結構高いところが苦手なんだよなぁ。まあ見た感じ道幅も広そうなので大丈夫行ってみましょう!

 

ごめんなさい。。。強がり言ってごめんなさい。むちゃくちゃ怖い。。。最初はまだましだったんだけども、真ん中ぐらいまでくると結構揺れるからマジで怖い。しかも、木の板が隙間があるんで足元見ても怖いのよ。いろいろ写真撮ろうとしたんですが、怖さでスマホ落としそうであんまり撮れなかった。

なんとか無事渡りきれてよかった。全長280mもあるのでなかなかの距離です。まあそれでも怖さを除けば360度緑に囲まれた大自然の中にいる感じです!間違いなく来た価値はありました。ここから引き返して戻ることもできるんですけど、この星のブランコがあるほしだ園地は他にもいろいろあるんです。ここから少し登ると、展望スポットがあって北摂から京都方面の景色を一望できます。

木製ベンチもあるので休憩しながら景色を見れるのでぜひここも来た方がいいですね!さてさてここから別ルートでピトンの小屋まで戻っていくんですけど、途中で二つのコースに分かれます。

「つつじの小路」と「らくようの路」があるんですけど、らくようの路は険しい登山道になってるので注意してください。って説明書きが。まあそう言われると、そっち行きたくなりますよね〜。ということで、険しい路を行ってみることにしたんですが、確かにこれはきつい。

下なんだけど、ずっと急な階段になってて、左右は崖みたいな感じなってるのでなかなか怖い。本当にずっと下の階段なので結構膝にも来てますよ。膝ガクガク。ふくらはぎパンパンです。まあそれでもちゃんと無事案内所まで戻ることができましたけど、実はこっちから普通に登ることもできたんで、行きにここから行ってたらと思うとやばいですね。距離的にはこっちの方が近いそうなんですけど、上までかなり急な階段を登っていく必要があるので、足腰に自信がない人は絶対やめた方がいいです。

それと実は、ピトンの小屋の向かいには、ボルダリングができるクライミングウォールがあるんです。高さは16mほどあるんですけどなかなかです。

事前に予約と講習を受けないと使えないようなのできになる方はぜひ事前に確認してみてください。まあどっちにしてもこの高さはちょっと無理なんで、僕はこっちですね。

子供達が取り合いしてるので、順番守ってに楽しみましょうね〜!
今日もいい旅になりました。

 

星のブランコ(9時半から16時半までしか吊り橋は渡れないので行く時間には気をつけてください)
住所:大阪府交野市星田5019-1(駐車場は5時まで)

関連記事

  1. 幸せカタラーナの販売を開始しました。
  2. 毎年この時期になると湧き上がるこの気持ち。
  3. 本マグロと一緒にシンガポールへ。
  4. 【1日だけの特別企画】父の日に生雲丹を届けてみたらどうだろう?
  5. こんな深川が好きだー
  6. デコポンの季節がやってきました。
  7. 華麗なるカレーを究める。
  8. 味にこだわる日本一のみかん農家

ピックアップ記事

PAGE TOP