ひとり旅

【ひとり旅・関西絶景】世界遺産に登録されている熊野古道を歩いてみよう!和歌山県那智勝浦

やってきました那智勝浦!大阪から車で約3時間半。今回は和歌山県にある日本三大古道でもある熊野古道を歩いてみたいと思います!
(日本三大古道→奥の細道・中山道・熊野古道)

目指すは熊野那智大社とその先の那智の滝。

まずは、出発地点の大門坂へ。ここは無料の駐車場なのでたくさんの車とバスが止まってます。ちなみに、ここの駐車場には日本サッカー協会のシンボルマークである八咫烏のモニュメントがあります。日本の現代サッカーの生みの親と呼ばれる中村覚之助の出身地で、シンボルマークも那智大社の八咫烏からデザインされたそうです。

 

そんな大門坂駐車場から少し歩くと、いよいよ熊野古道へ続く大門坂です。どんな感じか楽しみです!

歩き始めるとすぐに石畳の階段が始まります。ちなみに今回の道程は初心者コースということで、ちょっとなめてました。大門坂の石碑を超えるとすぐに参道の入り口に夫婦杉がお出迎えしてくれます。この杉は樹齢800年!なんだかパワーをもらえそうなのでそっと手を伸ばしてエネルギーを拝借。

ここから、ひたすらずっと登りです。40歳を超えて体力が落ちているのか、歩き出して5分で汗だく、息も上がって、正直なめてました。大門坂の駐車場に自由に持っていける木の杖があったのに持ってこなかったことを激しく後悔。

坂の雰囲気は歴史ある感じでとってもいいんだけど、階段を登るのに必死でゆっくり古道の雰囲気を味わっていられなかったのがちょっと残念。で、30分ほど登って滝のような汗をかきながらようやく登りきったところで広場のようなところにでます。そこから那智大社まですぐだと思ったら。。。

また、階段。しかもなかなかの急勾配。最終目的地を楽しみにしながら頑張って登りましょう!

階段を登っていく途中にはおみやげ屋さんやお茶屋さんもあるので、もう限界ってなった場合は休憩もできますからご安心を!笑

階段を登ること10分ようやく那智大社の鳥居が見えてきました!まあ、まだ階段ありますけどね。。。

やっとのこと登りきって那智大社へ到着。いや〜頑張って登ってきてホントよかった。上から見る景色は最高!

ゆっくり景色を楽しんでいると、背景と一緒に写真とりますよ〜と神社の人からお声が。よく観光地なんかに行くと写真を撮ってもらって気に入ったら買ってくださいね〜というやつです。で、せっかくなので写真を撮ってもらいました!

この後目指す那智の滝も入っていい感じ!んで、写真を撮る時にハイチーズ!っていたのかと思ったらなんかちょっと違う!ハイ、ナーチ!って言ってる。和歌山の方言かと思ってたら、あっ!違うわ、ここ那智や!笑 ハイ、那〜智ね。

写真も撮ったし、本殿みたり、隣接する那智山青岸渡寺を参拝したり、おみくじでも。。。

でか!おみくじでかすぎやんか。日本一大きいおみくじだそうです。みんなおみくじ抱えて写真撮影!僕も記念にパシャり!

ここまでだいぶ汗もかいて喉も乾いていたので、何か飲み物を探していたら、お茶屋さんに邪払(じゃばら)という柑橘のドリンクがあったので、邪気を払う果実というキャッチに誘われて飲んでみました。甘みは少なくさっぱりしていて、酸味も強すぎず飲みやすくうまい!疲れた体にしみわたる感じで美味しかったですよ!ぜひ那智大社にきたら飲んでみてください。

さてさて、ゆっくり休憩もしたし、次はお待ちかねの那智の滝ですね〜。三重の塔のを見ながら那智の滝へと向かっていきます。

ここから、石段を5分ほど降りていくと那智の滝に到着です。落差は133mで、周りの景色と合わさってなんだかすごい!水の落ちる音も大きく、ホントにきてよかった。この那智の滝は、那智大社の別宮飛瀧神社があり、その御神体とされているそうです。日本三大名滝の一つでもあるそうです。ちなみに、日光の「華厳の滝」、熊野の「那智の滝」、奥久慈の「袋田の滝」が三大名滝だそうです。他の2つも近いうちに制覇しに行きます!

参拝料300円を払えば、滝の近くまで見に行くことも可能です。その途中で延命水というのがあって、滝の水で飲めば不老不死になれるということで、僕も飲んでみました。100円で陶器の飲み皿を買ってそれで飲みます。お皿は持って帰ることができますよ!まあ雰囲気もあってエネルギーが体に入ったような!

今回も、なかなか大変でしたがいい旅ができました!今は車で近くまでくることができますが、昔の人は奈良や伊勢から歩いてこの熊野まで参拝しにきていたということなんで、その歴史を少し味わえたので大満足のひとり旅になりました。うん、歴史を感じながら景色を見ながら同じ道を歩くっていうのはホントにいいもんです。

ちなみにできれば歩いて行って欲しいですが、歩くのが大変という場合は、那智の滝や那智大社まで車でもいけますからね!

帰りに、熊野牛が有名ということで、紀伊勝浦駅の近くの焼肉屋さん「和」というところに行ってみました。

  

だいぶお腹が減っていたので、ちょっと頼みすぎましたが脂もくどくなく食べやすい美味しいお肉でした!ごちそうさまでした。紀伊勝浦駅の周辺はマグロやくじらなんかも有名なようで、いろんなお店があったので、ぜひ、熊野古道の帰りに立ち寄ってみてくださ〜い!

関連記事

  1. 小学校6年生の息子にプレゼント。
  2. 2018年も半分が過ぎて7月がスタート!
  3. 天日干しの開きホッケと真イカで食いしん坊バンザイ!
  4. こだわりがないことが僕のこだわり。
  5. 生中継にエキストラとして登場
  6. 好きこそ物の上手なれ。
  7. 普通の人は、普通ではない選択
  8. 北海道松前産のヤリイカ。販売開始しましたー♪

ピックアップ記事

PAGE TOP