ひとり飯

簡単5分!ホッケの干物はお湯で煮るだけ。味付け不要で美味しく完成!

取り寄せていた干物が届いたので早速焼かずに美味しく食べることができるか試してみたいと思います。

調理方法はいたってシンプル。お湯で煮るだけ!

必要なものは

・フライパンかお鍋
・ホッケの干物(表面を水洗いしてクッキングタオルなどで水けをとっておく)
・水(干物がしっかり漬かるぐらい)
・お酒(大さじ3~4杯)

以上です。

まずはフライパンにたっぷり水を入れて、お酒も大さじ3杯分ぐらいいれて沸騰させます。沸騰したら火加減を弱くして沸騰しない程度にします。そこに干物を投入。

大切なのは干物を入れても強火にして沸騰させないこと。沸騰させると魚の細胞が壊れて旨味が出て行ってしまうので。なので、火加減を見ながら沸騰しないギリギリを保って5分ほどで完成。

焼いてないので、見た目は茹でる前とほとんど変わりません(笑)では、お味の方はどうでしょうか?

お湯で煮ただけなので水っぽくなるかと思いきや、しっかりホッケの旨味とちょうどよい塩加減で全然水っぽさもなく旨い!しかもお湯で煮ることで少し脂が落ちてヘルシー!

骨も簡単に取れてプリプリの身をどんどん食べていけます。一応大根おろしと醤油も用意しましたけど、なくても全然大丈夫!そのままで十分ホッケの旨味を楽しめます。これなら、一人暮らしでもホッケの干物を簡単に美味しく食べることができますよ^^焼かずに美味しい干物が食べたい方はぜひ一度騙されたと思ってやってみてください。

今回ホッケの湯煮を作ってみて分かったことは、大きめの干物はフライパンに収まらないので欲張って大きいものを選ぶのはやめましょうということです。自分が持っているフライパンとかお鍋の大きさを超えないように!今回はしょうがなく切ってフライパンに入れるはめになりましたので。

あと、表面のぬめりとか生臭さは最初の水洗いでちゃんととっておいた方がいいですね。今回ちょっとその部分があまかったので、少し生臭さが残ってしまったので少し残念でした。次回は少し塩を振って臭みをとってからやろうと思います。

関連記事

  1. 新しい人が来ました。
  2. 息子が修学旅行に行きました。
  3. 北海道旅行をする前に知っておきたい計画の立て方。
  4. 脂肪が減るとやる気が出る!らしい。。。
  5. 打合せしかしなかった日・・・。
  6. 幻の黄色いさくらんぼ。月山錦。
  7. 今日と明日は松前マグロまつり。
  8. 七夕ですから「天の川」の川幅について考えてみました。

ピックアップ記事

PAGE TOP