ほのぼのブログ

最高の和服旅(上)

和服ー日本における民族服ともされる。着物(きもの)ともいう。

せっかく日本に来たら、どうしても一度着物を着たいなぁと思うけど、ずっと一人なので、なかなか着るチャンスがなくて、

でも、今年の誕生日に、岡さんは私の夢を叶えました。最高、ありがとうございます。

今回の着物の舞台——もちろん、歴史町の京都

朝、化粧しすぎて、岡さんとの集合時間を遅れて、大変お待たせ致しました。

それから、直接予約した店へ 着物はいっぱい、いろんなスタイル、いろんな色、これも可愛い、あれも可愛い、どうしようかな!

 

 

 

 

 

岡様の辺はどうですか?5分ほど、青い男性和服を選び、10分ほど着かえ完了!!早い!

 

 

 

 

 

 

こっちはまだ、黄色服とピンク服で迷っています!

ピンクは可愛いですけど、女の子は基本ピンク色の服を着て、

じゃ、私は少し特別感を欲しいので、黄色の服を決めました。

着物を着る大変さはなんとなく分かった。絶対的に一人で着られないで、ネットで、着物の着付け方を見ると、すごく大変ですよ。

下着2枚で、紐を結び、せめて、三枚の服を着て、紐づけて、重ねて、体型によって調整した。ほぼ、40分を掛かりました。

それから、ヘアスタイルセットで、全部が終わったら、もう一時間後でした。

だんだんだん~変身済み!!!

これからは京都の古い道で歩みながら、写真を撮りましょう。

まず、八坂神社へ!

 

 

関連記事

  1. 函館は塩ラーメン。
  2. ウニを食べて、やっとお腹パンパンになる
  3. 知床観光のおすすめルート。知床は2日もしくは3日間の滞在型旅行が…
  4. 北海道出張振り返り
  5. やっぱり身体は食事で作られている。
  6. 函館でもサーフィンができるんだ。
  7. 東京~大阪間は飛行機でも新幹線でもほぼ同じ金額。
  8. 北海道のウニ。朝獲りのキタムラサキウニのむき身。

ピックアップ記事

PAGE TOP