ほのぼの本舗TOP - さんだかん - 新着情報 - 風味がサイコー!!しょうがウインナー!!

更新履歴

第1位
とろベーコン


ベーコンと言えば焼いて食べるイメージが強いと思いますが、この無添加ベーコンは余分な物を入れていないので、そのまま生で食べて頂く事ができるんです。ベーコンを焼かずに食べる事でジュワ~っととろけ出す脂の美味しさを味わって頂けます。
→この商品を購入

第2位
粗挽きウインナー


粗挽きの歯ごたえ、肉汁あふれるジューシー感、一口食べると口の中に豚肉の旨味がどっと溢れてくるとっても美味しいウインナーに仕上がっています。お子様や女性にも食べやすい大きさと言うのも人気の一つですね!
→この商品を購入

第3位
スモークスペアリブ


ホントに旨いという言葉しか出てこないぐらいウマイ!そんな無添加のスペアリブの燻製です。味付けもビールとよく合うように、醤油と蜂蜜、隠し味に味噌を使っています。噛みしめるたびにジュワ~っと旨味がにじみ出してくる感じが最高です!
→この商品を購入

風味がサイコー!!しょうがウインナー!!

「ショウガとウインナーがこんなによく合うなんてちょっとビックリです」



ジューシーな肉汁と、生姜のシャキシャキとした食感。



無添加の美味しいウインナーに、細切りにしたショウガを入れた、
ちょっと珍しいウインナーを作りました!


ところで、このしょうがウインナー


とっても苦労して仕上げた一品なんです。




しょうがには【肉軟化作用】があるのをご存知ですか?


例えば生姜焼き。生姜のしぼり汁につけるとお肉が柔らかくなります。
普通に考えるといい事なのですが...



ウインナー作りでは、そうはいきませんでした(涙)




しょうがを練り込んで試作。
ウインナーをボイルして網ですくおうとすると、、、

ウインナーが切れる。
ひねってあるところも。
真ん中も。


あれれれれ。



じつは燻製にする温度と、しょうがが一番パワーを発揮する温度が的中。

しょうがを練り込むことで、しょうがの絞り汁が出て、
ウインナーが柔らかくなりすぎてしまっているのです。



これには困りました(汗)


そこで!!


絞り汁が出ないように、全部包丁で千切り。
ザルにあげて水分をきって。


肉をスパイスと練ってから、羊腸に詰める直前にしょうがを混ぜることに。


そして大急ぎで燻製。
続いてボイル。



おぉぉ~!!完成です。


と、こんな苦労話の末に完成したしょうがウインナー。



自分で言うのもなんですが、
生姜の風味が絶妙に旨さを演出しています(笑)



しょうがのシャキシャキ感と風味がヤミツキになりますよ~^^

http://goo.gl/laV2b